2006/01/14

MS+AMD vs Intel+Apple という構図

 シスコで行われているMac World Expo 2006でのスティーブ・ジョブズの講演内容を日経ITProの中田記者が大胆に予測し、ものの見事に外したことで、その反省の弁の記事が出て、コメント欄が盛り上がっている。面白いのは、コメントの内容が「当てずっぽうでいい加減なこと言うな」という批判と、「年に1度のお祭りなんだから、こういう記事もありでしょ、がんばって」という激励と、見事に2つに分かれることだ。

 中田記者がジョブズの講演の前日に出した予測は、「AppleがIntelのViivプラットフォームに対応したMacを発売するだろう」というものだ。Appleとスティーブ・ジョブズの戦略をよく観察している人なら「それはあり得ない」とすぐ分かるのだが、しかしそれが分かっている人なんて非常に少ないだろう。予測記事を批判している人の中にも、それが分かっているように見受けられる人はほとんどいない。「マスコミは間違った事書くな」と繰り返すだけの、実に低レベルな批判ばかりだ。

 むしろ「予測を外した」という以外の点においては、僕は中田記者が今のPCメーカーやデバイスメーカーがどこに集中して戦略的な意思決定をしようとしているかを良く分析して、ポイントをつかんでいると思う。こういう「予測外し」とその反省をリアルタイムで発表していくことはとても有意義だと思うので、彼がどのへんで的を射ていて、どこで外したかを少し分析してみたい。

 最初の記事「Jobs氏は明日『AppleViiv』を発表するだろう」で、中田記者はAppleがIntelのメディア・パソコン規格「Viiv」に乗ると予測する理由を、デジタルテレビ放送の標準DRM(デジタル著作権管理)規格と目される「DTCP-IP」を擁するViivに対して、「iTunesのDRM」の域を超えないAppleのFairPlayが結局はぶら下がらざるを得ないだろうという読みに求めている。

 ジョブズという経営者の異常なまでの負けず嫌い、プライド、そして執念深さを知らなかった、というのが彼の予測が外れた最大の理由ではあろうが、しかしその目の付けどころ自体は悪くない。

 この記事の中で強調されている見立ては大きく2つある。1つめは、「ビデオ+テレビ」あるいは「DVDプレーヤー+テレビ」というおきまりのパターンからどう変化するかが読めない次世代ホームメディアの主導権を巡る争いというのは、つまるところ「DRMのデファクト」を巡る争いのことだ、という見立てである。これはすごく正しい。あらゆるハードウェアがパソコン化、つまり誰でも入手できるパーツを寄せ集めたコモディティに向かっている中、かつてのVHSやCDのように、記録媒体やハードの規格を握っただけでは市場を占有できないということは、もう誰でも分かる。

 では、ホームメディアの市場は完全にDellのような「コモディティを圧倒的な生産性で安く作りまくる企業」だけが勝つ世界になるのか?といわれると、どうもそういうふうにはなりそうもない。ユーザーが求めるのはやはりデザインの格好良さや使い勝手の絶えざる革新だ。

 ここで、使っているパーツはコモディティでも、単なる見てくれの猿真似では到底達し得ない、本当のデザイン性と使い勝手の良さを組み合わせた強みを作ることが可能であるのを証明してくれたのが、AppleのiPodとiTunesだった。Intelが「Viiv」というメディア規格プラットフォームを打ち出し、その核心にDRMを据えたのも、あらゆるものがコピー可能なデジタル技術の世界で、DRMこそが「他の誰にも真似できない自社だけの独占技術」になり得ることに気がついたからだ。

 中田記者の記事にもあるとおり、Viivの面白いところは、ただのDRM規格というだけでなく、プラグインによって他のDRMと接続できるという、「DRMのメタ規格」を目指しているところである。しかし、DRMというのは要するに暗号技術のことだから、これを他の企業が開発した暗号技術の規格に接続した時点で、その戦略的なコントロール機能を失う。

 今のAppleにとって、北米の携帯音楽プレーヤー市場で7~8割という圧倒的なシェアを握るDRMをメタDRM規格に開放するなんてことは、「今後、最新のIntelチップはAppleにしか提供しない」ぐらいの交換条件でも提示されない限りあり得ない選択肢だろう。その、将来とれるかどうかも分からないホームメディア市場がいくら欲しいからといって、現時点で持っている最大の武器をライバルに明け渡すという戦略判断をAppleが下すと考えたのは、どうみても中田記者の短絡だったと言うほかない。

 ただ、また別の角度から考えると、Appleにとってその動機が薄かったとしても、Intelから見た時にはそれだけの交換条件の提示があってもおかしくなかったのではないか、という読み方はあり得る。これが2つめの、デジタル機器の各レイヤーにおける個々のプレーヤーの製品戦略だ。

 中田記者の見立ては、ここでも非常に鋭い。自社製品の普及戦略を、あくまで法人あるいはビジネスユースから図ろうとしているのがMicrosoftとAMD、そうではなくて個人と家庭が自社製品普及のドライバー(原動力)と見ているのがApple、Google、そしてIntelではないか、というものだ。

 今後各社が打ち出してくる手によってはまた変わってくる部分もあるだろうが、この見立ては非常に興味深い。ビジネスユースの市場は、低価格化が進み製品あたりの利幅は薄くなるだろうが、将来の市場ニーズと規模とがある程度確実に読める。これに対し、パーソナルユースは(Appleのような)誰かがある日突然画期的なデザインや機能を持った製品を出すことにより、勢力図が急変したり新規市場が忽然と生まれたりといった可能性を常にはらむ。市場変化のリスクは高いが、その代わりイノベーティブな製品を出せればブランド価値や製品の利益率は一気に高まる。

 その意味で、これ以上利幅を落としたくないIntel、個人やスモールビジネスをパワーの源泉と見ているGoogleが、パーソナルユース市場での潜在力ナンバー1のAppleと、MS・AMDの「ビジネスユース」連合に対抗していつかは手を組むだろうと予想するのは、おかしなことでも何でもない。ただ、それが「今」のタイミングであるべきだったのかどうかということだけだ。そう考えていくと、中田記者の推測記事も学べるところが多いと思う。

 …と書いてみると、今のMicrosoftって、古川享氏もブログで嘆いていたけれど、PC草創期のIBMみたいな方向に向かってるように見えるよね。本当はPCやキーデバイスなどのハードメーカーとの強力なネットワークこそがMSの強みの根源だったはずなのに、いつの間にか自分自身のブランド力と技術力が強みだと錯覚してしまって、手堅いけれど面白くも何ともないビジネス市場に逃げ込もうとしているという。チップ屋さんやハード屋さんたちは、最高にイカしたイノベーションを別のところで日々起こしているというのに。MS、これから大丈夫だろうか?

 あと、付け足して言うと、あの記事に対して「責任ある媒体の記者たるものは根拠を持って予測をすべきだ、こんな与太記事飛ばしてる奴は首にしろ」とか批判してる人というのは、そもそもこれだけの企業戦略分析を積み上げたうえで立てられた憶測というのが、ジョブズの基調講演やAppleの製品リリースをそのまま「事実」として報道するより100倍も知恵と勇気が必要で、かつ学ぶところ(つまり読者にとっての価値)も大きいということを理解しない、「Web1.0」的な人なんだと思う。もっと言えば、そういう発想の人こそが、既存の企業でもやる気のある若手の才覚とイノベーションのタネを潰して回っているのだろう。

 マスコミを批判するのは自由だが、そういう勇気あるクリエイティビティを批判すること自体がマスメディアにおける言論の多様性を潰しているというか、まあ大げさに言うと「マスコミの健全さを殺す」役回りに立っていることを、あの記事に噛みついている人は少しは自覚した方が良い。念のため、あの記事のはてなブックマークからたどれるはてなダイアリーの言及エントリをざっと見て回ったが、はてなユーザーの中にはそういう批判的コメントをしている人は1人もいなかった。

 1人の記者を育てるのも潰すのも結局は読者である。その意味で、インターネットは本当に頭を使う労力を厭わない記者、勇気のある記者にとって最高の仕事環境を提供するようになってきたと、心から思う。

10:00 午前 パソコン・インターネット コメント (12) トラックバック (5)