夏の羊羹
Main
YouTube-Google型企業になるための4つの法則

2006/07/04

フラット化するニッポンの象徴としてのNAKATA

 HBSの入学資格は四大卒業同等以上の最終学歴なんですがねといった野暮なツッコミはさておき。

 中田英寿、MBA取得 第2の人生は実業家(gooニュース)

 彼ほどの才能があれば特例で入れてあげても良いと思うし、米国の大学というのはそのへん野暮なことは言わないと思うのでまあ期待して待つが吉。で、思ったのは彼がそういうものを目指すと公言することの2つの社会的な意味である。

 1つは、ビジネス社会の中のさらに中央官僚とか外資とか超大手グローバル大企業とかの人たちだけの世界のブランドであった「MBA」、そして「ハーバード・ビジネス・スクール」が、彼の一言によって一気に日本のお茶の間に広がった点である。

 サッカーでも同じだった。それ以前にも奥寺や釜本など名選手で欧州のリーグで活躍した人は多数いたが、結局のところサッカー界の中の話に過ぎなかった。だが98年に彼がペルージャに移籍した時から、「トップクラスの人間は日本ではなく世界に行く」ということが、サッカーだけでなくあらゆるスポーツ、そして日本のお茶の間の常識になった。

 自らの行為で示しただけでなく、それをムードとして日本社会に浸透させてしまったこと、これこそがNAKATAの最大の功績であった。日本人にとっては、これからは「MBA」が好むと好まざるとにかかわらず、ある種の「常識」化するだろう。欧米を初めとする世界がそうであるように、日本も彼のおかげでグローバルスタンダードの価値観を社会常識とせざるを得ないようになるに違いない。

 そしてもう1つ、(彼が今後HBSに入学でき、卒業できればの話だが)大きな意味を持つだろうと思うのは、「MBA」あるいは「ハーバード・ビジネス・スクール」というブランドを持っていれば何でもかんでも一流なのではなく、やはりそこに明らかに個人の素質が必要だ、と世間が認知するだろうということだ。

 サッカーでも、NAKATAの後に多くの選手が欧州のトップクラブに移籍したが、その中で芽が出なかった者もいたし、また大きな成果を挙げた者もいた。要するに「欧州のクラブへの移籍」がブランドなのではなく、そこで個人が何を成し遂げるかがブランドになるのだという、フラット化した世界の冷厳な事実が日本のお茶の間に突きつけられることになったわけだ。

 よく考えればそんなことは当たり前のことなのだが、舶来のブランドと言えばそれだけで思考が止まってしまう日本人にとって、NAKATAが突きつけるこの事実は大きな意味がある。当然ながら、今後ハーバードMBAを取った人間は、「NAKATAと比べてどうなのか」というベンチマークを一生突きつけられ続けることになるわけだし、またそれが社会に明らかにされるだろう。公費で留学している中央官僚は、その異様なドメスティックな凝り固まりぶりを白日の天下に晒されるだろうし、自分のキャリアについて深い考えもなく漫然とMBAを取った人は常にそのダメっぷりをNAKATAと比較対照されるかもしれない。そして、多くの日本人に「MBAだからって特別でも何でもないんだ、そのうえでちゃんとNAKATAみたいに努力しなきゃダメなんだ」ということを思い知らせるだろう。

 いずれにせよ、彼の通る道はこれまで確実に日本人の意識をグローバル化する先鞭を果たしてきた。今度の発言も実現するか否かにかかわらず、日本の社会をトム・フリードマンの指し示す世界へとまた1歩いざなうきっかけになるに違いない。

 追記:尊敬するスポーツジャーナリスト、増島みどりさんの「中田英寿の現役引退によせて」の記事が出ていたのでリンク。

11:36 午前 ビジネス

 TrackBack URL:: http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16309/10784249

TrackBackList::フラット化するニッポンの象徴としてのNAKATA

Conductor、中田英寿 トラックバック LUXURY プランナー、加藤康祐のブログ @2006/07/04 14:48:25
憧れのスポーツ選手、中田英寿氏が遂に引退を発表してしまいましたね。早熟の天才は引き際も潔い。残念なことは残念ですが、何か爽やかな風が吹き抜けて、一時代の終わりを告げたような感じがしました。 7つの世界大会、突出した海外経験 中田英は、いうなれば日本協会が1990年代以降進めてきた世界戦略の最高の結晶だった。 協会に関しては色々ありましょうが、あれだけの個性を芽を摘むことなく、大きな流れの中核に据えて牽引させていったのは凄いなあと思いました。 [R30]: フラット化するニッポンの象徴としてのNAKA... 続きを読む

中田引退に思う トラックバック 賢太郎の物書き修行 @2006/07/04 16:04:17
中田英寿が現役引退を表明した。http://nakata.net/ 中田英寿、現役引退を発表 代表引退ではなく「現役」を引退するということにどれだけの意味があるか推し量る外はない。中田はデビューしたときから注目の的だった。ベルマーレ平塚(現湘南)というJリーグの中でも弱小のチームにいても、日本代表では常に中心の選手だった。 プロフェッショナリズムという言葉が似合う選手だった。普段はオシャレでマスコミでも度々取り�... 続きを読む

中田英寿選手、現役引退 トラックバック 歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。 @2006/07/04 19:39:31
サッカー日本代表の中田英寿選手が、現役引退を表明しました。 「人生とは旅であり、旅とは人生である」―“旅”や“人生”をテーマにした曲は多く、その中には名曲も少なくありませんが、この言葉を聞いた(見た)途端に思い浮かんだのは、この曲でした。 *** ♪終わりなき旅♪(Mr. Children) 息を切らしてさ 駆け抜けたピッチを 振り返りはしないのさ ただゴールだけを見据えながら 放つシュート ボランチみたいにね 相手を削ってさ ディフェンスを固めては またキラー・パスを出して ... 続きを読む

組織に頼らず生きる―人生を切り拓く7つのキーワード トラックバック 成功者への道 powered by jugem @2006/07/04 22:26:46
組織に頼らず生きる―人生を切り拓く7つのキーワード小杉 俊哉 神山 典士 平凡社 2004-11売り上げランキング : 11,951おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 今年63冊目。おススメ度★★★☆☆ 本書は、キャリアコンサルタントの小杉俊哉氏とノンフィクション作家の神山典士氏の共著です。組織に頼らない生き方について、7つのキーワードとそれに関する7つの実例がうまくまとめられた良書です。 小杉氏の著作『ラッキーをつかみ取る技術』が印象に残ったので本書も読... 続きを読む

意識改革で始まり、ぼろぼろ後、環境改革 トラックバック D.I.'s Memorandum @2006/07/05 2:14:00
今まで朝の様子をBlogの一番に書いてきた。 それはそれで、テンプレートとして考えると、 お決まりのパターンとなって書き易い。 けど、Blogを続けるのはエネルギーがいる。 ■ シゴタノ! - 何となく続けている作業何となくやっているようでいて、しかも見た目も同じように映るものであっても、そこに明確な目的と効果が認められる限りは続けた方がよいと言えるでしょう。 そして、明確な目的と効果が認められないものの、やっていると気分が盛り上がることも、できることなら続けたいものです。起床時間の報告は... 続きを読む

[ことのは騒動][W杯] 後ろ向きなみんな。 トラックバック けろやん。ブログ。 @2006/07/05 6:42:03
  ワールドカップ界隈で、身体を壊すまでがんばるよ!!という人がいたり、ことのは騒動界隈で、なんだか凹んでいる人がいたりしますね。後者については、セクハラという言葉が出ているのだけど、もしかすると私がらみかなあ(´・ω・`)。というか、ブログを書いたり、読... 続きを読む

中田英寿の引退 トラックバック floating conservatory @2006/07/05 11:42:24
R30さんのフラット化するニッポンの象徴としてのNAKATAよりトラバ. 中田の 続きを読む

中田英のメッセージ トラックバック 広告プランナーの日常 @2006/07/10 2:38:19
こんばんは。X3です。 中田英選手が引退を発表した際、自分のHPで「新たな自分探 続きを読む

[考え方]未だに中田英寿の決断に影響されている。 トラックバック サンディエゴのこの晴天の下ビーチに行けないのは酷です(; ;) @2006/07/10 7:35:56
http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/07/nakata_151f.html 中田英寿、MBA取得 第2の人生は実業家(gooニュース) ... 大きな意味を持つだろうと思うのは、「MBA」あるいは「ハーバード・ビジネス・スクール」というブランドを持っていれば何でもかんでも一流なので... 続きを読む

MBA を受験してきました! トラックバック 転職父さん40歳が直面するマンション購入の壁 @2006/07/15 19:44:36
皆さん、こんにちは。ふじたやすしです。  さて、きょう 7/15 は、何と名古屋商科大学の Weekend MBA(登録商標だそうです)の受験のために東京は丸ビルまで酷暑の中出掛けてきました。  この大学は、客員教授に「ミラーマン」こと植草一秀氏を招へ...... 続きを読む

アメリカ人って トラックバック 広告プランナーの日常 @2006/07/21 23:28:46
こんにちは。X3です。今、こんな本を読んでいます。 簡単に言っちゃうと、今世界は 続きを読む

Comments

NAKATA(笑)にそんなインパクトがあると思えませんが・・・。
むしろ、スポーツ選手がビジネスマンとしてどこまでやれるか。
NAKATA(笑)側が試されると言えるのでは?

まあ、彼なら「やっぱスポーツ選手は馬鹿だわ」という
事にはならないと思いますが。

POSTED_BY:通りすがり @2006/07/04 11:57:54

> HBSの入学資格は四大卒業同等以上の最終学歴なんですがねといった野暮なツッコミはさておき。

野暮に付き合いますと大学を1年で中退してその後、犬の散歩のバイトをやってたお兄ちゃんでもHBSから入学を認められたそうですよ。

ちなみにその犬はブッシュ大統領の犬で、その男、ついでにブッシュの娘さんの面倒もみてたそうです。
ま、どこまでいってもコネは大切ということですね。
http://thinkprogress.org/2006/05/27/bush-peanut-harvard/

POSTED_BY:Stock&Flow @2006/07/04 12:12:21

志村(R30)ーッ
うしろ(次原悦子)ーうしろーっ!

というわけでホワイドバンドでその無能さとセンスの無さで
名を馳せたサニーサイドアップの次原女史によるの田舎者臭い
ベタベタのPRなわけで終了。

POSTED_BY:a @2006/07/04 13:44:00

トム・クルーグマンって誰ですか?

POSTED_BY:yomoyomo @2006/07/04 13:50:16

ごっめーん>yomoyomoさん

ネタ記事だと思って力抜いて、フリードマンとクルーグマンを間違えちゃいました。失礼(笑)

POSTED_BY:R30@管理人 @2006/07/04 14:12:52

 楽天の役員?・・・という線はないのでしょうか。
HBSいく前でも後でも。

POSTED_BY:金鉱マン @2006/07/04 21:01:46

>奥寺や釜本など名選手で欧州のリーグで活躍した人は多数いたが
中田ヒデ以前で「活躍」といえるのは、奥寺さんだけでは?
また、釜本さんは欧州クラブチームからのオファーはあったものの、結局、ヤンマー一筋の現役生活だったはずですが・・・

POSTED_BY:indoorffm @2006/07/05 14:11:07

ブランドで思考停止になる訳では無くて、思考停止になっているからブランド足りえているのでは?

って思いました。

思考停止にならないような、神格化されないモノは、あんまりブランドって呼ばれないような…

ただ、ブランド化する敷居が日本では低いというのはあると思います。

POSTED_BY:AB @2006/07/06 1:48:56

サッカー好きなひとの間で、いまの増島さんの評価は決して高くないですよ、ということをシャチョーさんにはお伝えしておきます。なぜそうなのかはご自分でお調べ下さい。

POSTED_BY:スポーツ好き @2006/07/06 8:56:38

結局「タレントネタが一番食いつきがイイ」って話じゃないのかね?
マネーの虎の出演者は確かに成功者。
でもそれ以上の成功者も沢山いるということで。

POSTED_BY:児玉遼太郎 @2006/07/09 10:04:36

>>スポーツ好き

「シャチョーさん」ではなく、「シャッチョサン」だ。
なぜなら此処は胡散臭いフィリピンパブ(推定)。
フィリピンのねーちゃんはシャッチョサンって言うか! 言う。たぶん。

POSTED_BY: @2006/07/09 14:39:28

んー、ピンパブはシャッチョサンとは言わないと思うなー。ピンパブはお客さんもデフォルトで英語しゃべれる人が多いから。「シャッチョサン」はたぶんタイのお姉ちゃんとかの口癖ですよ>私さん

POSTED_BY:R30@管理人 @2006/07/09 20:04:29

んじゃタイパブでいいっす。それで。

POSTED_BY: @2006/07/09 20:45:46

みどりちゃん……。四年前に変わってしまったね。
「六月の軌跡」も「ほぼ日」の対談も、その頃は最高によかったのになあ。「ナンバー」と切れて「ヤー」に跳んだあたりからおかしくなっちゃったな。それもこれもズィッコ・マジックか。:(

POSTED_BY:zoffy @2006/07/14 9:16:41

「ゲーテ」9月号(7月24日売り)の特集は、「中田英寿完全独占インタビュー」です。
表紙はもちろん本人。所属事務所のサニーサイドアップからは幻冬舎に半年前に引退話が持ち込まれ、
幻冬舎も中田取材で著名なライターの小松成美を3ヶ月前からボルトンに送り込むなど、相当な力の
入れようとのこと。テレ朝の特番は、後から決まったとのこと。

POSTED_BY:hideo @2006/07/15 11:45:13

NAKATA含めスポーツ選手って馬鹿だからなぁ。

POSTED_BY:bluehack @2006/09/01 21:11:41

Post a comment