« フラット化するニッポンの象徴としてのNAKATA | トップページ | 悪夢のロングテール考 »

2006/07/08

YouTube-Google型企業になるための4つの法則

YouTube 横目で見ているはずだったイノベーション勉強会になぜか引きずり込まれて、宿題もやってないのに飛び入り参加。でもなかなか面白かった。

 他人の褌を借りまくって分析した結果分かったのは、YouTubeが非常に良い意味でプロシューマ、あるいはgeek向けのインフラサービスに特化しているなあということだ。よく考えたら、テクノロジー面の「強み」と思えるようなものが何もない。ある意味全部オープン、それでいて圧倒的なユーザー数を抱える。まさにCGMの王道を行く会社である。

 また、その戦略のそこかしこにGoogleに投資したVC、セコイア・キャピタルの影響を見て取ることができる。ある意味「ネットベンチャーはGoogleから何を学ぶべきか」というテーマに関するショーケースのような企業とも言える。

 結論を言ってしまうと、YouTubeはGoogleが象徴する「ネットインフラ型企業」と、Web2.0と称される「CGMビジネス」のエッセンスをうまくハイブリッドさせた、「インフラ志向型消費者参加型メディア」である。僕がそう考えたポイントを、以下にまとめてみよう。

1.標準技術ばかりをパッチワークのように使い、高付加価値なサービスを目指さない

 動画処理はそっくりMacromediaのFlashだし、通信プロトコルも何の衒いもなくHTTPだ。既存の資産を膨大に抱えるCPやそれを保護しながら送受信しなければならないCDNみたいに、secureであろうという姿勢を初めから放棄しているので、Protocol上の特殊性もない。あるとすればあれだけの転送量をさばくload balancingやcacheの技術あたりだろうが、それとても他社が絶対に真似できないものでもない。その結果、非常に低コストでスケールフリーなサービスを実現した。

 つまりGoogleと同じで、技術的にはデファクト・スタンダードなものばかりを使い、いつでも誰でもやろうと思えばやれることをやっているのである。ところが、それが曲者なのだ。著作権侵害、暴力・グロ・エロ、検索やインターフェースの不便さ、不親切さ。「失うものを持つ」既存プレーヤーは、怖くてそんなところに手が出せない。それこそが彼らの思うつぼというわけだ。既得権者の資産を負債化する戦略である。

2.コンテンツ置き場というインフラに徹し、ポータル=「編集」の機能は外部に任せる

 勉強会では何人かのアップロード利用経験者から一様に「YouTubeのUIはアップロードは非常に簡単だが、サイト内を検索したり動画をいじろうとしたりすると決して便利とは言えない」という指摘が出ていた。これもまた、彼らの戦術だろう。あえて映像を見つけにくくし、Napsterのようにポータルサービスとして完結させないのだ。

 ポータルの機能をあえて持とうとしないのは、いくつか理由があると思われる。1つは、映像という、Google以上に著作権侵害にナーバスにならざるを得ないサービスであるがゆえだろう。ポータル的な機能を備えて、コンテンツの整理やおすすめの表示などの「編集」を行った瞬間に、著作権者から「他人の著作物を勝手に売り物にするな」と訴えられる。であれば、「編集」の機能は世界中のブログやSNS、掲示板などに任せ、YouTubeは動画のホスティングと最低限のタグ付与など、Folksonomy機能だけ持てばいい、という割り切りだ。

3.トラフィックという「余計なもの」ではなく、コンテンツの蓄積に徹底集中する

 ポータル機能を持たないもう1つの理由が、「それは余計な機能だから」というのがある。YouTubeには世界中のブログ、掲示板から大量の人がなだれ込んでいるが、YouTube側のページにはトラックバックなどの機能がないため、同じ映像を紹介している他のサイトを探し出すことが極めて難しい。つまり、YouTubeに入ってくる方向のトラフィックはたくさんあるが、YouTubeから外部へのトラフィックは発生しない。それどころか、YouTubeに来なくてもブログなどに映像を貼り付けて見ることもできる。初期のGoogleがよく言っていた、「ユーザーには、Googleにとどまらずなるべく早くサイトを通り抜けてほしい」というサービスポリシーに酷似している。

 ここから分かるのは、YouTubeがトラフィック(PV)の獲得よりも動画コンテンツそのものの蓄積を最優先しているということだ。CGMなのだからある意味当たり前だと思われるかもしれないが、トラフィックの方がマネタイズが楽なので、かなり有力な資金源がバックに付いており、しかも経営者の肝が相当据わってなければ取れない戦略である。

4.視聴者ではなく、表現者の囲い込みと“経済圏”の構築が今後カギ

 ここからは多少僕自身の推論が入る。YouTubeがGoogleと異なるのは、彼らが映像を勝手にネット上から集めてくるのではなく、ユーザーにアップロードしてもらって初めて意味をなす「CGM」である、という点である。この点で、ひたすらオーガニックサーチの研究に没頭していれば良かったGoogleとは、少し向かうべき方向が変わってくる。ユーザーがアップロードするコンテンツをたくさん蓄積するためには、当たり前だがアップロードするユーザーをリスペクトし、囲い込むことがまず必要だ。彼らが今、最も戦略的にフォーカスしているのは、だから恐らく「映像をアップロードするユーザーの数」を増やすことだろう。

 そのためにはまず、表現者たる彼らに最大限の自由と利便性を提供することだ。そして、e-Mailアドレスをしっかり把握することで、緊密に連絡が取れるようデータベースを常に洗い替えしておく。おそらく、今後数ヶ月以内にYouTubeは動画への広告の自動挿入とコンテンツ-広告の自動マッチングの技術を開発し、動画に挿入された広告が視聴された回数に応じて表現者のユーザーに広告収入を還元する「動画版Adsense」をリリースするだろう。

 面白い映像をアップしてたくさんの人に見てもらえた表現者の手元に、1本で何万円という広告収入が転がり込んでくる可能性がある。すでにNBCがPodcastingで配信している有料番組では、1DLあたりのマージンが$1.50という数字で「美味しすぎる」という話が出ている。プロの制作した動画でもこの程度のリターンがあれば「十分すぎる儲け」と言えるのであれば、仮に動画に挿入する広告のフィーをこの10分の1とし、YouTubeが50%のマージンを取ったとしても、1000PVを獲得した動画をアップした表現者の取り分は8000円ぐらいになる。トップページに載っている、何万というPVをたたき出した動画などは、何十万円の収入にもなるのではないか。

 というわけで、次にネットで小銭を稼ぎたい人は、今のうちに面白い自作のショートフィルムをたくさん作り貯めておくか、そういうものを作るノウハウを研究したほうが良い。コンテンツは初動がすべてである。今年の後半から来年にかけて、「YouTubeバブル」の津波がやってくる気がする。

参考:ブロードバンド2.0(池田信夫blog)
   YouTubeを強くするのは動画版AdWordsと家電連携だ(キャズムを超えろ!)

|

« フラット化するニッポンの象徴としてのNAKATA | トップページ | 悪夢のロングテール考 »

コメント

んなわけない

投稿: とおりすがり | 2006/07/08 13:36

でも、そうだといいなあと夢くらいは見られるね。

投稿: 通りすがり | 2006/07/08 14:20

なんかトラフィックという言葉の使い方に違和感。
つーか、他に適当な言葉はなかったんか。

投稿: 通りすがり | 2006/07/08 16:34

>YouTube側のページにはトラックバックなどの機能がないため、同じ映像を紹介している他のサイトを探し出すことが極めて難しい。つまり、YouTubeに入ってくる方向のトラフィックはたくさんあるが、YouTubeから外部へのトラフィックは発生しない。

"Links to this video:" っていうのがその機能だと思うのですが、、、。

投稿: 通りすがり | 2006/07/08 19:25

そういやW-ZERO3esはFlash対応のおかげでYouTubeの動画も鑑賞できるみたいですね。

国内でのwindowsモバイルの普及はこの辺がキーポイントになりそうで。前にエントリした普及はまだまだかも、という意見は早々と撤回しそうな雰囲気です。まあうれしい誤算ではありますが。

投稿: mgkiller | 2006/07/09 04:41

ごめん。トラバ通ってなかったけど、このエントリ本文中でとりあげてる。


ショートフイルム、この前10分くらいの短い奴を友達と作ったけど、それでも8万円くらいはかかった。
カメラと編集ソフトの金15万円を別にしても。

友達や自分だからタダだけど、人員的には8人日(8時間換算)
編集作業日が5人日かかってる。


正直、上の計算じゃあ商売にするのには難しい。プロがおいしいって言ってるのは、既存の使いまわしだからだろ?

映像1回創ってみろって。勉強だと思って。

投稿: 孝好 | 2006/07/16 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16309/10840673

この記事へのトラックバック一覧です: YouTube-Google型企業になるための4つの法則:

» ようつべ(YouTube)はグーグル(Google)にはなれない [語句ログ]
YouTubeの急速なアクセス数の増加に刺激を受けて、最近参入を果たしたAsk.jp「Ask ビデオ」、始まる前から不評なフジテレビ「ワッチミー!TV」、話題になっているものにはなんでも参入するサイバーエージェントなど、ユーザー投稿型の動画共有サービスに参入する(しようとする)企業が続出していますが、果たしてYouTube?...... [続きを読む]

受信: 2006/07/08 19:50

» ■YouTube [■為替 FX システムトレード MetaTrader チャート ハーモニックパターントレーディング]
産経の記事 別にこの産経の記事を読まなくても、もはやそれなりのネットユーザならば [続きを読む]

受信: 2006/07/09 19:30

» メモ [賢太郎の物書き修行]
YouTube−Google型企業になるための4つの法則 メモってことで。 [続きを読む]

受信: 2006/07/09 23:08

» YouTubeの今後 [孫の手ブログ]
[R30]: YouTube−Google型企業になるための4つの法則 R30さんのブログでYoutubeについて書いてあったので、僕も一言。 YouTubeがGoogleと異なるのは、彼らが映像を勝手にネット上から集めてくるのではなく、ユーザーにアップロードしてもらって初めて意味をなす「CGM」である、という点である。 (中略) 彼らが今、最も戦略的にフォーカスしているのは、だから恐らく「映像をアップロードするユーザーの数」を増やすことだろう。 (本文) Youtubeは、いわ... [続きを読む]

受信: 2006/07/10 00:41

» 賞賛されるYouTube、迫害されるWinny [眠る開発屋blog]
YouTube〓Google型企業になるための4つの法則 こういう書き方をされる... [続きを読む]

受信: 2006/07/10 00:53

» YouTube勉強会参加メモ [タケシメモ-azuki]
8日に「YouTube勉強会」、9日に「RTCカンファレンス」に連日で懇親会込みで参加した。個人的に8日は勉強会の方が、9日は懇親会の方が収穫が多かったが、こういった場を設けてくれた各主催側の方に感謝したい(最近、仕事でこういうイベントを開催するのがどれだけ大変かわか... [続きを読む]

受信: 2006/07/10 01:58

» 少量制作大量コピー時代から、大量制作超大量コピー時代へ [CSSを使いこなす]
「大量生産大量消費時代」などという言葉があるが、生産と言う言葉は実は「コピー」であることを忘れてはならない。元の「雛形」の制作は職人や設計者やクリエイターなどの「少数の専門家」が行い、それを工場でコピーする。コピー物であるからこそ、大量に安...... [続きを読む]

受信: 2006/07/10 02:41

» 「YouTubeのビジネスモデルを考える」@イノベーション勉強会 [チミンモラスイ?]
FPNの徳力さん主催 「イノベーション勉強会「YouTubeのビジネスモデルを考える」」 に参加してきました。 【勉強会概要】 日時:7月7日(金) 19:00~21:00 場所:グロービス 204教室 「事前課題」 ■YouTubeの強み及び弱みは何だと思いますか? ■YouTubeにはどのような収益機会があると思いますか? ■あなたがYouTubeのCEOだったら、何を目標とし、どのような事業展開を行いますか? 「事前資料」 として、基礎データや環境情報など... [続きを読む]

受信: 2006/07/10 13:43

» YouTube-Google型企業になるための4つの法則 [ネット上でみつけたおもしろいもの ためになるもの紹介しようかなーー]
帝国最後の戦い http://colonelmuska.hp.infoseek.co.jp/ww2.swf 関ヶ原の戦い(壱) http://www.geocities.jp/torotto4/obj001.swf デーブ・スペクター氏監修の携帯サイトがオープン http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0607/07/news124.html かなり変... [続きを読む]

受信: 2006/07/10 19:04

» YouTube勉強会 [Tanigo Lab]
先週金曜日に、FPN徳力さん主催のYouTube勉強会に参加してきた。 月間のインフラコストが1〜5億円と言われる、 YouTubeの今後の事業展開を、 経営者になったつもりで予測しようという内容。 徳力さんが元グロービス受講生で(僕もだが)、 グロービスで開催されたこともあり、 5〜6人の班にわかれて議論し、 各班の意見を発表するというグロービス形式での進行。 ベンチャー社員、大手メーカー社員、アルファブロガーなど 参加者が多様だったことおかげで、意見がかなり分かれた... [続きを読む]

受信: 2006/07/10 22:09

» 著作者にメリットをもたらすか。動画版アドセンス。 [Vod report]
FPNでYouTubeに関する勉強会が開かれたそうだ。 R30さんではこのときのグループワークを通じて、動画版アドセンスが付くと予告している。さて、そのアドセンス的なものを導入するには、取り扱いにいささか注意が必要だ。... [続きを読む]

受信: 2006/07/11 01:49

» Web2.0とは? [■為替 FX システムトレード MetaTrader チャート ハーモニックパターントレーディング]
というタイトルのブログは巷に満ち満ちている。Web2.0というのが何かすでに知っ [続きを読む]

受信: 2006/07/13 13:20

» TVCM崩壊!? [広告プランナーの日常]
こんにちは。X3です。 月9サプリの裏メッセージ「15秒のCMのチカラを見直そう [続きを読む]

受信: 2006/07/14 11:32

» YouTube 違法論は非本質的 [Kazuho Oku's Weblog]
 いやまあ、わかったうえでの大人の「違法論」であれば、かまわないんですが。  YouTube で公開されているコンテンツには、他者の著作権を侵害しているものも多い。この点をもって、「YouTube は違法だ」とか「YouTube は悪い」みたいな論もあるようだ。  だが、そのような批判は本質的でない。  商業的な権利なんてものは、社会全体の利益に反しない程度に守られればいいものである。  YouTube は、新しい技術が可能にする、より優れた構造を希求している。これぞ「イノベ... [続きを読む]

受信: 2006/07/14 11:56

» ■YouTube [■為替 FX システムトレード MetaTrader チャート ハーモニックパターントレーディング]
産経の記事 別にこの産経の記事を読まなくても、もはやそれなりのネットユーザならば [続きを読む]

受信: 2006/07/15 20:47

» 吉祥寺ハーモニカ横丁散策(YOUTUBEに初投稿) [時事を考える]
昨日ケータイを変えました、コレ動画が320×240で撮れます、今日仕事で吉祥寺に [続きを読む]

受信: 2006/07/16 00:26

» YouTube [ATGCでImpact! バイオベンチャーで日々是学習日記 ]
YouTubeについて、いろいろほじくってみましたら、ためになる記事がありました。 http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/07/creators_are_th.html ・・・YouTube、おもしろいかもしれないですね。 世の中にはいろいろ考える人がいるものだと、感心するのですが 最近はWeb... [続きを読む]

受信: 2006/07/21 01:58

» [Internet Trend]CGMのバリューチェーン [Casual Thoughts about Any Phrase]
「編集」の機能は世界中のブログやSNS、掲示板などに任せ、YouTubeは動画のホスティングと最低限のタグ付与など、Folksonomy機能だけ持てばいい、という割り切りだ。 R30: YouTube−Google型企業になるための4つの法則 R30さんのYouTubeについてのエントリーで上記のような... [続きを読む]

受信: 2006/07/21 11:58

» youtubeの仕掛け [kikimimi/bg]
[R30]: YouTube〓Google型企業になるための4つの法則 なるほど、youtubeの狙いに合点がいった。 ちょっと見ると何をビジネスとしてやりたいのか?よく分からん企業なわけだけど、googleになろうとしていると考えると分かりやすい。 ただの広告貼付けビジネスというわけではないのね。 コンテンツの集約というのは(もちろん他人任せだけど)富の集約につながるのは当然で、今まで無数のビジネスプランが... [続きを読む]

受信: 2006/08/07 00:27

» YouTubeというサイトのことをご存知ですか? [アイデアブログ]
少しWEBに関係した仕事の方はご存知のことでしょう。 下記サイトです。 YouTube - Broadcast Yourself. 動画共有のサイトで、今爆発的なユーザーが利用を始めており、 全世界で注目のまとです。 確かに見てみると非常に面白い。 番組のキャプチャー動画や個人で撮影た動画な... [続きを読む]

受信: 2006/08/21 13:52

» GoogleがYouTube買収 [244mix blog]
おっと、驚きのニュースです。ネットビデオ会の雄のYouTubeがGoogleに買収されるとのこと。買収価格は16億5000万ドル。日本円にして2000億円。。。まじっすか、ほんとですね。一部のブログでは先週あたりから情報をキャッチしており、それは嘘でしょーなんてガセネタで�...... [続きを読む]

受信: 2006/10/28 10:51

« フラット化するニッポンの象徴としてのNAKATA | トップページ | 悪夢のロングテール考 »