« 世界観と経済圏 | トップページ | 動体視力 »

2006/06/19

映画評「インサイド・マン」

インサイド・マン 「前田有一の超映画批評」で90点という高得点を付けていたので、スパイク・リー監督の「インサイド・マン」を昨日観に行ってきた。本当は今年上半期に前田氏が95点を付けたタイのアクション映画「トムヤムクン!」を観に行きたかったが、さすがに休日は浅草まで行ってられないので家族を連れて近場で。

 結論から言うと、90点は伊達じゃなかった。サスペンス映画としては最高の出来。しかも、前田氏も書いているように「知的興奮を存分に味わわせてくれる、大人向け」の上質な娯楽映画だった。「年間何本もない、必見の一本」という賛辞は決して大げさではない。とにかくお勧め。

 語りたいことはいろいろあるのだが、結末の種明かしが面白さの大部分を占めるサスペンス物だけにストーリーのネタバレはしたくないので、前田氏の映画評以上のことは書きづらい。とにかく、ラッセル・ジェウィルスの脚本の素晴らしさはこれが処女作とは到底思えないほど。でも、それ以外にも褒め始めるときりがないぐらい良い点が多い。

 例えば、役者の演技。デンゼル・ワシントンやジョディ・フォスターなどアカデミー賞級の名優がぞろぞろ出ているのだから当然っちゃ当然なのだが、主犯格役のクライブ・オーウェンが言っているように、この映画の注目すべきところは主役から脇役に至るまであらゆる登場人物の「無言の演技」の凄まじさだ。皆、脳裏にさまざまな思いを隠しながら目で何かを物語る。どのカットのどの俳優の目にも、圧倒的な表現がある。もう、その演技力(とそれを引き出したスパイク・リー監督の手腕)を見るだけで、まず感動する。

 それから、ストーリーがほとんどマンハッタンのウォール街の銀行の中と外だけで進んでいくという変化のなさを補うため、ライティングやカメラワークスにはものすごく凝った趣向が凝らされている。事件が日中に起こり、事態が膠着するにしたがって夜の帳が降りる。そして謎めいた女弁護士の登場と犯人との交渉、続いて刑事の交渉。激烈な心理戦が交わされるのはまさに「丑三つ時」である。時間の経過にともなって変わっていくライティングと、その醸し出す息詰まるような緊張感とがぴったり合っている。

 また、ところどころで人物の回りをカメラが360度回転しながら撮影するという、サスペンス劇らしからぬカメラワークが実に巧妙な効果を狙って使われていたり、銀行内に閉じこめられている人質たちの様子を撮影するカメラワークに非常にダイナミックな工夫がされていたりと、心憎い演出が随所に見られる。ものすごい緊張感の中での映像なのでそのカメラアングルに違和感を感じることはないのだが、逆にそのアングルだからこそ得られる効果というものを計算し尽くして組み込んでいるのも、さすがといったところだ。

オリジナル・サウンドトラック「インサイド・マン」 あと、サウンドトラックもなかなか良かった。オープニングとラストの軽快なインド音楽「チャイヤ・チャイヤ」が、なぜか不思議とこの映画に合っているのである。普通の監督ならああいう選曲はしないだろう。だが、やはり彼、スパイク・リーだからはまってしまうのかもしれない。iTunesのサントラのページを観たら、「チャイヤ・チャイヤをシングルカットしてくれ!」という書き込みがあった。そのぐらいイケテる曲である。この映画にはまったら、これもお勧めかも。

 そしていつもの彼ならではの、人種差別に対する辛辣なユーモアと米国社会が抱える問題への鋭い批判の視線。ビターチョコレートを肴に香りの高い蒸留酒を舐めるように飲むかのごとき、そんな大人の楽しみを与えてくれる映画である。逆に言うと、派手なアクションとか撃ち合いとかが観たいガキは絶対見に来てはいけないと断言する。もう一度、レイトショーに1人で観に行ってみようかな。この映画、何度観ても楽しめる気がする。

|

« 世界観と経済圏 | トップページ | 動体視力 »

コメント

この映画、初日に見たけど・・・・
オチが途中で読めなかった?

だったらオチをそもそも最初でやらかした「クラッシュ」の方が僕は好き。この映画、音楽も良かったよ。東京じゃまだ上映してるかも。


照明は「嫌われ松子」が良かった。映画というか芝居のようなライトの当て方だから好みは分かれるけど。

投稿: 孝好 | 2006/06/22 01:31

孝好さん、ども。

オチですが、トリックについては途中でなんとなく読めるんですよね。でも、そもそもじゃあなんでこんなことするのかっていう動機がよく分からない。分からないまま最後の20分ぐらいでどとーの種明かし、と。そのへんが面白いと思いましたですよ。

「クラッシュ」、観たことないんで今度観てみます。どうもありがとうございます。

投稿: R30@管理人 | 2006/06/23 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16309/10585029

この記事へのトラックバック一覧です: 映画評「インサイド・マン」:

» 映画「インサイドマン」が面白いそうだ [時事を考える]
R30さんが「インサイドマン」の映画評を書かれた、文章を読むとなかなか面白そうで [続きを読む]

受信: 2006/06/19 15:22

» インサイドマン [35歳から英語勉強して良いかな?]
先日『インサイドマン』を観てきました。完全犯罪の銀行強盗が謳い文句の映画。サスペ [続きを読む]

受信: 2006/06/21 15:54

» 「インサイド・マン」見てきました [よしなしごと]
 これを見たら銀行強盗の完全犯罪ができるようになるかもしれない、インサイド・マンを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006/06/22 03:10

» 「インサイド・マン」完全犯罪なのに不完全燃焼気味の奇妙な感覚... [soramove]
「インサイド・マン」★★★ デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョデイ・フォスター主演 スパイク・リー監督 メジャー路線ではない監督が こんなメジャーな俳優を使った、銀行強盗の映画って どんなだろう。 冒頭から完全犯罪を示しつつ、 主人公...... [続きを読む]

受信: 2006/06/23 08:35

» 映画「インサイド・マン」 [いもロックフェスティバル]
いやー、ワタシ的にはかなり楽しめました。 『インサイド・マン』・・・スパイク・ [続きを読む]

受信: 2006/06/25 16:55

» 『インサイド・マン』 [Days of Books, Films ]
今ではスパイク・リーをことさらにアフリカ系監督と呼ぶ必要はないのかもしれない。 [続きを読む]

受信: 2006/06/27 20:16

» こういうことなのかなあ~ 映画『インサイド・マン』 [海から始まる!?]
 スパイク・リーの新作『インサイド・マン』が好動員を見せているようです。  まだ封切りから2週間だとはいえ、平日の昼の回でもかなりの入りで、最終回は早い時間に満席になってしまう。『マルコムX』(92)ほどではないにせよ、10年以上ぶりのヒットですね。  ヒットの要因は、デンゼル・ワシントン、ジョディー・フォスターらの豪華出演陣と、内容が銀行強盗を扱った痛快な娯楽作(スパイク・リーによる初めての本格的なサスペンス)であるという触れ込みのせいですね、たぶん。スパイク・リーの名前でお客さんが...... [続きを読む]

受信: 2006/06/30 14:48

» 映画/インサイドマン [  サ バ ペ]
映画「INSIDE MAN」 スパイクリー監督 出演 デンゼルワシントン、ウィレムデフォー ジョディフォスター、クレイヴオーウェン [続きを読む]

受信: 2006/06/30 18:18

» <インサイド・マン>  [楽蜻庵別館]
2006年 アメリカ 128分 原題 Inside Man 監督 スパイク・リー 脚本 ラッセル・ジェウィルス  ドナ・バーウィック 撮影 マシュー・リバティーク 音楽 テレンス・ブランチャード 出演 デンゼル・ワシントン  クライヴ・オーウェン  ジョディ・フォスター    クリストファー・プラマー  ウィレム・デフォー  キウェテル・イジョフォー... [続きを読む]

受信: 2007/09/06 19:52

« 世界観と経済圏 | トップページ | 動体視力 »