SBが引き金を引く、携帯電話業界の「大殺界」
Main
3/31に緊急イベントやります:ソフトバンク×ボーダフォン

2006/03/04

ソフトバンク×ボーダフォン関連まとめ

 表題の件、あちこちのブログで猛烈な勢いで分析がアップされているので、ちょっとリストアップ+一言コメントを付しておく。

 リリースが金曜日深夜だったので、ビジネス系メディアはネット媒体も含めて一報を伝えた後に沈黙。もっとも身近な、そして国際競争力があるんだかないんだか分からない巨大業界のルールが、一夜にして変わろうとしている時に、まったく役に立たん。まあ、関係者に必死で取材しようとしてるんだろうけどね。そんなときに、ブログは遠慮無くどんどんさまざまな角度から分析がアップされる。本当に素晴らしい。今後新しい分析記事が出てきたら追加していく予定。 (3/5 2:30、3/5 7:30、3/5 11:20、3/6 0:45、3/6 4:00追記)

 ●ボーダフォン1.7兆円でソフトバンクへ身売り?日経が「大筋合意」と報道(番号ポータビリティ対策)
 ●ソフトバンクは2兆円も出せるのか? ボーダフォン買収(番号ポータビリティ対策)

 SB系の媒体に書いているライターの三上洋氏の分析。今回の買収の最大の狙いは「端末メーカーとの関係を手に入れられること」という指摘はなかなか興味深い。あと、2兆円の買収資金は新株や社債の発行、ヤフー株売却などで捻出するんじゃないか、とのこと。付け加えるなら、後はボーダフォンの資産を担保にしたLBO(Leveraged Buy-Out)ですよたぶん。これなら何とか1兆円は調達できると思われ。

 ●ソフトバンクのボーダフォン買収には反対します(ケータイAlternative)

 同じくライターの三田隆治氏。こちらは「いかにSBといえども、これだけの巨額の投資をしておいて料金を下げるわけにはいくまい。携帯の寡占が強まり価格が上がることには反対」とのこと。このへんの記事を根拠におっしゃっているのだろうと思うが、実際のところ価格を下げずにブレークスルーは可能なんだろうか。なんかちょっと違う気がする…。

(3/5 2:30追記)三田氏から長大な反論エントリが送られてきた。ものすごい読み応え。さすがプロのライターさん。ていうかこんなところにタダで書いていていいんですか?(笑)

 ●本当に大きな変化は起こるのか?ボーダフォン買収(ケータイAlternative)

 割と短期間(これから先1年程度)までの間に何が起きるか、というところでの予想をされている。プロらしい、堅実な記事だなあと思った。予想の内容は、(1)既存プレーヤーの買収ということで、価格破壊よりは業界秩序維持が基本路線となる(2)07年3月までは価格体系を多少いじるぐらいで、Vの政策がほぼそのまま踏襲される(3)中長期的に見てもSBにできるのは海外製の低機能な安い端末を安くばらまくことぐらい、というもの。というわけで、SBには「ボーダフォンを買うよりMVNOを選択せよ」と訴えている。(追記終)

 ●携帯キャリアとしてのソフトバンクの登場。(Mediologic.com/weblog)

 タカヒロノリヒコ氏@mediologicの分析。「VodafoneとYahoo!のブランド・シナジーは、Docomo+gooなんかとは比較にならない強烈な衝撃」「ボタン1つでYahoo!に繋がる端末が発売されるに違いない」との予想。これは面白い。固定回線からブロードバンドネット、無線、そしてインフラからコンテンツまでコミュニケーションの全レイヤー・全カテゴリをグループ傘下に持つ企業の登場で、「最大手Docomo(つまりNTT)も戦略の大幅練り直しが急務」という指摘は興味深い。

 ●ソフトバンクのVodafone買収が引き金を引く携帯コンテンツと国産携帯端末事業の統廃合(雑種路線でいこう)

 南方司氏の分析。方向性の予測としては僕とほぼ同じ。SBには元Jフォン時代の人材が数多く転籍しているので、ボーダフォンの内部事情は筒抜けだろうとのこと。なるほど。あとは、海外低価格端末の調達による電話料金価格破壊のシナリオ。まあこれは予想の範囲内。だれかもう少し電波の帯域利権についての情報を書いてくれる人がいると面白いのだけど、そっちはあまり目新しい話はないのかな。

 ちなみに、ITmediaの+D編集部ブログでは、2/28に
 ●ボーダフォンがつぶやいた「FMCの障害」(+D編集部ブログ)

 という記事が掲載されていて、ここでボーダフォンの津田志郎会長がFMC(Fixed Mobile Convergence)について「アライアンスを検討している」とコメントしたことが書かれている。個人的な印象で言うと、楠氏のブログと合わせて考えれば、おそらくSBの孫正義氏はこの時点で津田氏との顔合わせは既に終えていたのではないだろうか。

 ざっと見渡した限り、SBの買収資金の調達方法と、端末とサービスの競争軸の変化あたりがこれからの論点というところでしょうか。他の論点があるよ、または異論反論あり、といった方々は引き続きトラックバック求む。

(3/5 7:25追記)
 ●ボーダフォン、ソフトバンクが買収か(fareaster)

 fareaster氏のブログ。FMCを考えると、ボーダフォンがSBグループ入りして連携するのはY!BB(個人向けISP)ではなく日本テレコム(法人サービス)ではないか、という予測。

 ●Yahoo!×Vodafone新戦略を妄想してみる(雑種路線でいこう)

 南方氏の追加記事。新サービスはYahoo!とアカウント(課金システム)、メールボックス、サービスなどを共有し、待ち受けや着信画面などにふんだんに広告を組み込むのではないか、など具体的な予想。いやはや、すごいです…。

 ●SoftbankがVodafone(J)買収か!? ケータイコンテンツ屋の悲劇はここから始まる...(キャズムを超えろ!)

 携帯端末メーカーの企画部門にいる和蓮氏が、SBの携帯参入によって携帯向けコンテンツ業界のボロ儲け構造が崩壊するという予測を面白おかしく語っている。ちょう面白い。最後のとこに笑った!

(3/5 11:20追記)
 今朝の日経が「米Yahoo!と英Vodafoneが業務提携」というヘッドラインを流しました。また2兆円の資金調達の内訳として、ボーダフォン(j)のLBOで1兆円、ボーダフォンの増資を英Vodafoneが4000億、SBが2000億程度引き受けることで賄うとの報道も出てます。またVodafoneグループへのコンテンツ提供を米Yahoo!が行い、Yahoo!グループとVodafoneグループの業務提携にまで発展するみたい。昨夜のLBO1兆円の読みは当たりました(フフッ)。

 ●ソフトバンクのVodafone買収 3つのインパクト(近江商人 JINBLOG)

 近江商人JIN氏の分析。このディールのインパクトを、「MNP料金競争の開始、FMCでARPU20,000円の争奪戦開始、モバイルコンテンツ市場の崩壊」の3つにまとめている。そっか、これって個人・家庭における通信・娯楽支出全体のシェア争奪戦と考えるべきなのか。なるほどね。ということは競合はNHKでもあったりするわけか。ぎょぎょぎょ。

 ●ソフトバンク × ボーダフォンの問題整理(SW's memo)

 昨夜GoogleTalkで話していた渡辺聡さんのまとめエントリ。実は火を噴くところは株式市場だったりキャピタリストだったり総務省だったりと、携帯電話業界に収まらないですよーという話。そうなんですよね。米Yahoo!まで巻き込んでの包括提携とLBOによる2兆円の過去最大の資金調達、しかもキャリアだけでなく、コンテンツ業者や端末メーカーを干上がらせ、テレビや法人向けITシステム構築などの業界にまで影響が及ぶとなると、短期的にも中長期的にも、日本経済にとって「大激震」なんですよね、このニュースって。「Yahoo!の"Google"化」、言い得て妙です。

 ●ソフトバンクのボーダフォン買収で、Vodafone Live! が Yahoo! Live! に!?(お仕事日誌&一日一麺)

 渡辺さんとこで紹介されていたayustety氏の分析。NTTグループ再々編とともに、日本の携帯端末メーカー大再編の論議にも火がつく予感。まあ、ここまで来ると今さら「業界秩序の維持」もへったくれもない気がしますが…。どうなるやら。

(3/6 0:45追記)
 ●ソフトバンク、ボーダフォン買収に思う(■財務アナリストの雑感■)

 財務アナリストのdancing-ufo氏のボーダフォン企業価値分析。1.7~2兆円という買収金額は、少なくとも今期中間決算発表の内容を見る限りは妥当な水準とのこと。ま、そのへんは日経の記者もちゃんと計算して記事は書いているでしょうしということで、特に目新しい切り口はなし。やはりファイナンス面の焦点は調達手法の方ですかね。個人的には、1兆円まではLBOで調達可能だと思いますが、それ以上はたぶん無理なので、英Vodafoneの要求する買い取り価格との差をどう埋めるかが焦点となるはず。

 ●Google化するYahoo! JAPAN :ソフトバンク × ボーダフォンの追記(CNET:情報化社会の航海図)

 このブログも引用していただきました、渡辺聡さんのCNETでのまとめ記事。「ネット業界は水平分業から垂直統合へと競争の圧力が変化」、そして逆に「携帯業界は垂直統合から水平分業への激烈なオープン化競争への変化」。これらの変化が、今のところSB×VFという組み合わせから読めてくる。これって、Googleが欧米で起こしている変化の構図と、実は非常によく似ているという指摘が興味深い。

(3/6 4:00追記)
 ●SoftbankのVodafone買収によるYahoo!JAPANのGoogle化を考える(ちよろず。)

 上の渡辺聡さんの言う「Yahoo!JapanのGoogle化」という言葉の意味がわからん!という人にぜひお勧めの、屋島新平氏による分かりやすいエントリ。要するにDocomoやauのような、キャリアによって囲い込まれた疑似インターネットではなく、Yahoo!360やYahoo!BlogといったCGMを通じて生み出されるコンテンツに検索連動広告を挟んで稼げば、端末価格や通信費用を抑えられるじゃん、ということ。

 ●[ケータイ]ソフトバンク、ボーダフォン買収へ(atkondoの日記)

 atkondo氏のこちらのエントリは、CDNの技術からみたWeb2.0的分析。SBが採用を予定しているクアルコムのMediaFLOの技術だと、既存の3Gに専用チップを追加するだけで、ワンセグをはるかに上回るチャネル数と省電力のケータイテレビが可能になるとのこと。こうなると、既にBBTVで42chもの動画コンテンツを持つSBは圧倒的に有利。MediaFLOは、KDDIとどちらが導入が早いかが見物。

 ※このテーマで、3/31に緊急のイベントをやります。ご興味がある方はこちらからぜひお申し込みを

09:31 午後 ビジネス

 TrackBack URL:: http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16309/8941982

TrackBackList::ソフトバンク×ボーダフォン関連まとめ

ソフトバンクのVodafone買収が引き金を引く携帯コンテンツと国産携帯端末事業の統廃合 トラックバック 雑種路線でいこう @2006/03/04 21:56:29
ソフトバンクがVodafoneと国内携帯電話事業について買収交渉を行っていることを認めたようだ.この買収が成立するかどうかは未知数だが,仮に成立すれば携帯電話市場が激変するだけでなく,携帯コンテンツ事業者や国産携帯端末事業の再編に繋がる公算が大きい.ここへきて「はてしない物語」から「神話の終焉」に転落する可能性が出てきたのだ.((4年ほど前に[google:2010年の移動通信業界を見通す 四つのシナリオ]という研究に入れ知恵したんだけど,この頃はi-modeが無敵で日本のケータイ万歳という陶酔が支... 続きを読む

Yahoo!×Vodafone新戦略を妄想してみる トラックバック 雑種路線でいこう @2006/03/04 22:58:39
まだ気が早いけど,SBによる買収後のVodafone新戦略を妄想してみる フルブラウザ標準とY!ボタン 当面Vodafoneブランドは残したとしても,Vodafone Liveは早晩Yahoo!何とかに改称され,全ての端末にフルブラウザが搭載され,紫色のY!ボタンがつく 課金の一元化・電子マネーへの対応 ヤフオクやY!BBと課金システムを統合し,Yahoo!の有料アカウントを一気に増やす.お財布ケータイなど電子マネーへの対応をYahoo!としてどうするかも課題 Yahoo!とのサービス連携 Yaho... 続きを読む

ソフトバンク、ボーダフォン日本買収で最終調整 トラックバック Auとか馬☆Blog @2006/03/04 23:04:39
テレ朝「虎ノ門」を見ながら2ちゃんねるプラプラをはじめたら、bignewsスレに遭遇。ソフトバンクが、英ボーダフォンと日本事業に関して買収交渉、3月中の合意を目指しているとの事。色々動いていた・・・... 続きを読む

[ビジネス]ソフトバンク+ボーダフォン トラックバック Web and My Life @2006/03/04 23:34:37
ソフトバンクのVodafone買収(買収という表現で正しいのかな。) ソフトバンクの件については、ちらほら色んなところから聞いていたとはいえ、目の前にしてみるとびっくりします。音声サービスが出遅れることはとても痛いからな。 この件について、ネットで調べてみると、価格破壊が起こるという議論が起こっていました。例えば、有名なR30さんのブログでも今朝のさっそくエントリーが書かれていました。 [http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/03/mobiletele... 続きを読む

ボーダフォン、ソフトバンクが買収か トラックバック fareaster @2006/03/04 23:58:07
まだ決定ではないので仮定形ですが、既にあちこちで結構な話題になっています。で、J 続きを読む

本当にヤフーのコンテンツはキラーコンテンツとなるのか トラックバック WMR -web2.0ミステリー調査班- @2006/03/05 1:38:46
ソフトバンクのボーダフォンの買収後の成り行きについて、多くの人がヤフーのコンテンツがドコモとauの携帯コンテンツを駆逐し、ユーザーに大きな訴求効果をもたらすだろう、と推測されています。しかし、私はこの推測はPCユーザーの思い込みであり、ネット=携帯のユーザーにはヤフーは言われるほどの訴求効果はもたないのでは、と考えています。以下にて、その論旨をつらつらと。 ヤフーのコンテンツによりドコモとauのコンテンツが駆逐される、という考えの人は次のような前提を持っていると思われます。 iモード(EZweb)... 続きを読む

本当に大きな変化は起こるのか?ボーダフォン買収 トラックバック ケータイAlternative @2006/03/05 1:39:48
うーむ。あのYahoo!を傘下に置くソフトバンク絡みの自体となると、ブログの世界は特に反応が大きいようです。 正直、僕は普段あまり他のブログを見ていないのですが(何故なら携帯電話ビジネス関連のブログって実のところあまり多くないので)ボーダフ... 続きを読む

ボーダフォン買収とフルブラウザの関係 トラックバック フルブラウザファン @2006/03/05 3:40:20
すでに報道されているように、ボーダフォンは、不振が続く日本での事業をソフトバンクに売却することで交渉がまとまったそうです。日経の報道によると、ソフトバンクが全株取得するこ 続きを読む

SoftbankがVodafone(J)買収か!? ケータイコンテンツ屋の悲劇はここから始まる... トラックバック キャズムを超えろ! @2006/03/05 6:56:33
仕事に追われてRSSリーダーをじっくり眺められない日々が続いていたら[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/04/news002.html:title=こんな]リリースが。週末のブロゴスフィアJapanはこのネタ一色といわんばかりの盛り上がり様。R30氏が[http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/03/mobileterecom2_da91.html:title=こんな]まとめをなさっているようなので、端末メー... 続きを読む

ボーダフォン、ソフトバンクが買収か トラックバック fareaster @2006/03/05 8:01:19
まだ決定ではないので仮定形ですが、既にあちこちで結構な話題になっています。で、J 続きを読む

ソフトバンクによるボーダフォンの買収は吉と出るか凶と出るか? トラックバック ろうたんの竹林雑談 @2006/03/05 9:29:17
経済面では、最近にない大きなニュース。ソフトバンクによるボーダフォンの買収に関す 続きを読む

ソフトバンクのVodafone買収 3つのインパクト トラックバック 近江商人 JINBLOG @2006/03/05 10:43:22
FMC戦争に向かって、ソフトバンクがVodafone買収という一手を打ってきました。孫社長の御成門(... 続きを読む

ソフトバンクのボーダフォン買収で、Vodafone Live! が Yahoo! Live! に!? トラックバック お仕事日誌&一日一麺 @2006/03/05 12:42:02
しばらく前から関係方面で話題になっていたソフトバンクによるボーダフォンほ買収が、... 続きを読む

[携帯]vodafone、日本法人をソフトバンクに売却 トラックバック aquila2664の日記 @2006/03/05 14:09:03
 時をカネでかえるチャンスをソフトバンクは見過ごさないだろう。  従来ソフトバンクは基地局のリースを受けることで、当面の投資規模を抑える戦略をとっていた。これは、通話エリアが狭く、顧客獲得が困難な開業初期のキャッシュフローを許容範囲内の赤字に抑えるための施策といえる。一点突破前面展開を図るには、携帯電話事業が必要とする金銭的、時間的リソースが余りにも大きいことが、ソフトバンクに似合わない新事業の漸進的展開を強いていたといえるだろう。  ところが、vodafoneが逃げるとなれば、状況は変わる。v... 続きを読む

SB ネタ トラックバック Hardcoded @2006/03/05 17:05:38
いちおう今の旬はコレらしい。「そりゃもう大騒ぎさ」のようだ。とはいえ、SB(S&B)と言えば瀬古利彦というオールドファンも多いはずだ。(何 ソフトバンクと英ボーダフォン,ボーダフォン日本法人の買収交渉を認める - NikkeBP IT Pro ソフトバンクは 3 月 4 日,英ボーダフォン・グループからボーダフォン日本法人を買収する方向で交渉を進めていることを認めた。一部報道では「1 兆円以上」との買収金額も出ていたが,「交渉していることは事実で,そのテーブルに着くことを合意した段階。スケジュールや... 続きを読む

ソフトバンクがボーダ買収 5 トラックバック けんがい @2006/03/05 19:32:41
ソフトバンク、LBOで1兆円調達 日経NET とかニュースでていますが 「どこに書いてありますか?」 ソフトバンク プレスリリース ない 英ボーダ プレスリリース ソフトバンクもボーダフォン買収交渉の事実認める IT Media に英ボーダ プレスリリースの翻訳があり。 英Vodafoneのプレスリリースでは、売却する可能性があるのは“controlling interest”(過半数)であると発表しており 過半数なら1兆円、全部なら2兆円。 blog記事へのまとめはソフトバ... 続きを読む

Vodafone買収のインパクトとか トラックバック じだらく @2006/03/05 22:53:31
*コメント・トラバ壊れ中 US滞在中のため、すっかり反応遅れましたが、でっかいの... 続きを読む

[R30]: トラックバック 明日のためにその一 @2006/03/06 0:57:25
[R30]: : BB 続きを読む

株式市場とブログとチープ革命 トラックバック biaslookの日記 @2006/03/06 1:11:54
ソフトバンクのVodafon買収で一番気になったのは、マスコミより早く分析コラムが大量にブログとして上がってきたこと。 代表例が、[http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/03/mobileterecom2_da91.html:title=R30]さんだ。 私は、はてなRSSリーダーを使ってR30さんを登録しているし、今回は、はてなトップページの「最近の人気記事」を見て、R30さんの記事をみつけた。 そして、R30さんのまとめたリンク先コラムを読んだ。 そこ... 続きを読む

ソフトバンクがボーダフォン(日本)を買収 トラックバック 投資.org @2006/03/06 2:12:20
すでにあちらこちらで話題になっていますが、ソフトバンクがボーダフォン日本法人の全... 続きを読む

SB-Vodafone補足 トラックバック アーリー・セミリタイアを目指せ! @2006/03/06 4:45:15
相変わらず文章がへたくそなので、少し補足しておきたいのですが、 日経がもっと競争を、と言っておりますが http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20060304MS3M0400E04032006.html 今さらの新規参入は遅きに失した感がありまくりです。 ここでいう「新規参入」というのは、新しく電波をもらって、一から設備を建てて、 携帯電話事業をゼロから始めます、といった内容です。 これについては、4thes..... 続きを読む

SBのVodafone買収報道 トラックバック 胃痛!ガスター店 @2006/03/06 6:11:10
 ケータイはおおむね3社による独占体制。その一つをまるまる買うわけで、テレビ局を買収するよりもインパクトがある話だろう。Vodafoneを買収するSB側にとって思惑は色々あるだろう。それは各所で推測されているだろうけども、一つ思うことがあるので書く。Y!BB=料金...... 続きを読む

060306メモ トラックバック gekka blog @2006/03/06 11:46:12
[R30]: ソフトバンク×ボーダフォン関連まとめ まとまっているのでしっかり読むメモ。現状直接はからまないけどさー。 caramel*vanilla iTunes便利ツール3つ 音量均一化&アートワーク挿入ツールメモ。...... 続きを読む

ここは酷いあほお×棒鱈フォンですね トラックバック 障害報告@webry @2006/03/06 21:00:00
[R30]: ソフトバンク×ボーダフォン関連まとめ http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/03/mobileterecom2_da91.html 棒鱈フォンorz 棒鱈フォンがじり貧になった理由を絞殺絞殺してみる   J-Phoneの有利だった点 1.いきなりPDCで開始できた ドコモとIDO/セルラーはアナログへの投資を捨てたわけだし NTT方式(HiCap方式)とTACS方式とかでの二重投資もあったな 2.地方はデジタルツーカーで...... 続きを読む

2006.3.06 トラックバック KIYOJIROUWEBlog+ @2006/03/06 22:41:11
さすらいのボーダフォン ■Vodafoneとソフトバンク、携帯電話事業売却に向けて交渉か 【関連】ソフトバンク×ボーダフォン関連まとめ ソフトバンクの携帯電話用電波、割り当て取り消しも(Yahoo 読売)... 続きを読む

携帯電話業界という定義の終わりの始まり トラックバック ニュースコミュニティ - FPN @2006/03/07 9:13:03
: ソフトバンク×ボーダフォン関連まとめを読んで。  ソフトバンクのボーダフォン買収をめぐって、様々な議論が始まっています。 続きを読む

野瀬 トラックバック PukiWiki/TrackBack 0.2 @2006/03/07 12:59:21
野瀬 トピックス(2006/03/07) IP電話に関する情報 「JAVA村」と「Perl村」の断絶がもたらすのは不幸なのか幸せなのか ソフトバンクによるボーダフォン買収騒動まとめ トピックス(2006/03/02) Linuxコマンド百科辞典 トピックス(2006/03/01) 2005年、高額売買ドメイン... 続きを読む

SB x VFKK トラックバック えびす村 @2006/03/07 13:07:40
蜂の巣をつついたかの様にブログ記事が憶測で盛り上がっており、特にこの件を書くつもりはなかったが、[http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/03/mobileterecom2_da91.html:title=R30さん]のまとめを読んでいて自分なりにここでまとめてみようと思った。 [今までのおさらい] SBは携帯への新規参入を表明し、800MHZ帯の割当をここ数年総務省に訴えて来たわけだが認められず、結果的には1.7GHZ帯の新規割当事業者としての参入を余儀なく... 続きを読む

アンケート:ソフトバンクのボーダフォン買収、あなたは賛成? トラックバック ケータイAlternative @2006/03/07 13:30:59
前回のアンケート設問、「番号ポータビリティについて」は、少し公開が長引いたこともあり、合計98票という当ブログ過去最多の投票数となりました。ありがとうございました。m(_ _)m アンケート結果はコチラからご覧になれます。 新たなアンケート... 続きを読む

[Yahoo!]ソフトバンクがVodafoneを買収 今後携帯電話の通話機能はオプションに? トラックバック 来世はらくだのようなもの @2006/03/07 13:31:38
ソフトバンクのVodafone買収について雑感です。 以前から予想していた通りだけに、そんなに驚いてはいません。 年始当初[http://d.hatena.ne.jp/hd3/20060120:title=Yahoo!がReadyしてGoするか。]でも紹介したとおり ソフトバンクの携帯参入のタイミングで日本でもYahoo!Goの概念実現がそう遠くない と予想していましたが、この買収を機にかなり現実的になった気がします。 簡単にソフトバンクしかできない強みに焦点を当てると 我々が既に利用して... 続きを読む

ソフトバンクがボーダフォンを買収? トラックバック Minority Report @2006/03/07 15:54:54
ニュースになってますね。 私の就職希望先は携帯事業が第一志望なので興味があります。 3/28にボーダフォンの会社説明会があるんだけどどうなるんだろ・・・ けどソフトバンクって新規参入っていう条件で帯域...... 続きを読む

携帯電話の旧資産買取は賭けか、広告媒体の入手か トラックバック worldNote @2006/03/07 15:58:14
ソフトバンクがVodafone日本法人を1兆円台の後半くらい(〜2兆円くらい)で買収するという。細かい話はともかく、ソフトバンク、ヤフーJapanとは何かというと、これはGoogleでも同じだが、要するに広告板だ。有料の部分は、ヤフーBBを含めて、色々あろうけど、あまり会費でどうこういうものではなく、Gyaoのように動画も無料で儲ける時代だ。 携帯電話というが、これはどちらかと言うと、クリック&モルタ�... 続きを読む

[経済]公募増資ブームは、ファン・ゴッホの夢をみるか? トラックバック けろやん。ブログ。 @2006/03/07 16:56:53
ISBN:4061597280:image この週末のブログ世界では、下の記事を契機に、ボーダフォン・ソフトバンクなネタが大いに語られていました。 [http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/04/news002.html:title=Vodafone、ソフトバンクへの日本法人売却交渉を認める]  「買収金額は1兆円だ」、「いや2兆円という話もあるぞ!」、「yahoo!BBの赤い落下傘部隊再結集か!?」、「血で血を洗う携帯戦争地獄絵図の始まりだ!... 続きを読む

ソフトバンク、ボーダフォン日本法人1.7-2兆円で全株取得へ トラックバック 日々つれづれの日記 @2006/03/08 0:28:28
ソフトバンク、ボーダフォン日本法人1.7-2兆円で全株取得へ 乗り遅れた感もあるけど、先週末のこの話題にはずいぶんと興味をそそられた。 ADSLを破格の安値で提供してブロードバンドを普及させ、ネット人口を増やすことで、広告媒体としてのYahoo!の価値を高めた、というのが、自分のYahoo!BBに対する評価。 多くの方が指摘されてるように、今回もSBはケータイインフラのみでの収益性を見てるんじゃなくて、SBグループ全体の価値を高める戦略的なツールとしてVodafoneを捉えてるん... 続きを読む

垂直統合に盲点はないのか?(Vodafone x Softbank) トラックバック Log the Endless World @2006/03/08 1:31:10
 世の中的にはそりゃ新聞の一面に載るほどインパクトが大きく、ブログでも様々な意見が上がっている、SoftbankによるVodafone買収のニュースですが、個人的にはまあそう驚く話ではなく(というかブロガーの感想もそういったものがほとんどなわけですが)、ふうんという感じでさらっと読んでいました。  なので、ブログ界(?)がこのニュースでホットなのにも関わらず、個人的にはTIMEDOMAINのスピーカーについて呑気に書いていたりするわけですが(笑)、SWさんにも「何か書きますよ」と言った手前、また今日... 続きを読む

ソフトバンクがGoogleを殺す? トラックバック WMR -web2.0ミステリー調査班- @2006/03/08 11:16:54
[http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/03/mobileterecom2_da91.html#more:title=ソフトバンクののボーダフォン買収について、いろいろな考察がされています。]大勢の方が予想されている合併後のビジネスモデルは、ヤフーのコンテンツを使った「livedoor wireless」モデルのようです。コンテンツと通信費をユーザーには採算度外視の低額で提供し、収益は広告費で賄うという、モデルですね。あけすけに言えば、「ヤフーの固定通信を契約... 続きを読む

ソフトバンク、ボーダフォンを買収か? トラックバック スタッフおすすめサイト集@freshEYE @2006/03/08 14:58:16
スカイメールや世界初のカメラ付携帯やテレビが見られる携帯など、常に最新機能を提供... 続きを読む

ボーダフォン日本法人、ソフトバンクが買収へ トラックバック HiRO's Blog 「HiRO場」 +Dブログ支局 @2006/03/10 20:32:03
3月4日未明、突如としてボーダフォン日本法人(以下ボーダフォン)がソフトバンクに 続きを読む

ソフトバンク、vodafone日本法人を買収 トラックバック Stomach Ache−人生是胃痛− @2006/03/17 22:07:38
らしいですよ。こんばんはMaqbesです。 ソフトバンク、ボーダフォンの買収を発... 続きを読む

ソフトバンクのボーダフォン買収に思うこと トラックバック カシスブログ(ネットワーク) @2006/03/18 13:12:48
ソフトバンクとヤフーによるボーダフォン日本法人の買収が正式に発表されました。ユーザから見える買収効果で言えば、固定、携帯、インターネット、コンテンツといったものがワンスト 続きを読む

ソフトバンクのボーダフォン トラックバック 244mix blog @2006/03/19 15:47:13
TSUYOSHIは学生のころからボーダフォン(J-PHONEもといデジタルツーカー)を使っており、現在も継続して使用しています。ボーダフォンのいいところは、。。。まあ、長年使っている中での愛着ですかね。。。そんなボーダフォン、一時はAUとしのぎを争ったものの最近は業績があまり芳しくなく...... 続きを読む

ソフトバンクのボーダフォン トラックバック 244mix blog @2006/10/28 11:19:39
TSUYOSHIは学生のころからボーダフォン(J-PHONEもといデジタルツーカー)を使っており、現在も継続して使用しています。ボーダフォンのいいところは、。。。まあ、長年使っている中での愛着ですかね。。。そんなボーダフォン、一時はAUとしのぎを争ったものの最近は業績があまり芳しくなく...... 続きを読む

Comments

> 楠方司氏
本名とペンネームが混じっているような気がする。

POSTED_BY:崎山伸夫 @2006/03/04 22:47:32

ざっくり見た感じ

>巨大業界のルールが、一夜にして変わろうとしている時
↑ルールが変わる、までは逝きそうにない感じ。「戦略の修正」程度で止まりそう。大幅か小幅かは知りませんけど。

>最大の狙いは「端末メーカーとの関係を手に入れられること」
>ボーダフォンの津田志郎会長
↑このへんを手に入れたところで終わるんじゃないかと。そこから先の話は、そう簡単には伸びなさそう。高い買い物になるんじゃないかな?

>インフラからコンテンツまでコミュニケーションの全レイヤー・全カテゴリをグループ傘下に持つ企業の登場
↑個々の競争力がどの程度かによって、脅威の度合いが違いそう。包括的に見た場合sb手強しの感は強いけど、個々の分野では「集中砲火を受けない限り」そんなに脅威は感じないのでは? 今までの実績から見ても、yahoo以外は只の「業界荒らし」で終わってるとこが多いんで。

>「最大手Docomo(つまりNTT)も戦略の大幅練り直しが急務」
↑直ぐやんないっつーか、sb荒らしがひと息ついてから重い腰上げるパターンは変わらなそう。その間に、どこ迄荒らせるか、かと。

 私の場合ケータイ(ドコモ)は毎月1時間程度(用件は口頭で済ませる主義)で毎月4000円程度の支払いですけど、これが2500円を割るようなら、sbに鞍替えしても良い。基本料金980円! みたいな広告ぶち上げるようなら、おおっ!? と思ってしまうかも。
 そじゃなかったら、別にどーでもいいですけどね。

POSTED_BY: @2006/03/04 22:54:50

 お業界の中で生きてる人には一大事かもしんないけど、部外者にしてみればどうでもいい。
 ドコモ料金をある意味スタンダードと思っている人はまだまだ多いから、価格競争路線を仕掛けても「安かろう悪かろう」と思われたら逆効果かと。yahooの情報漏洩事件とかあったっしょ。またですか? って思われるのは、いくないかもね。
 高度な技術と信頼性! みたいな、ある意味前近代的なキャッチのほうが、受けそうな気が。料金はドコモより3~500円程度安いくらいで上等。それ以上に、信頼性のほうをアピールすべき。…って、できるんかな?

POSTED_BY: @2006/03/04 23:02:54

 sbがどっかの業界(つーかit関連しかないけど)に殴りこんだときって、とりあえず向こう2,3年を目途にひたすら我慢してれば、勝手に撤収するんよね。攻め手に欠けるというか、野戦さえしなければ凌げるみたいな。
 上杉謙信の関東侵攻みたいなもんで、大義名分掲げて関東方面を荒らすだけ荒らして、結果どうなの? って事になると、関東農民を捕獲して越後に連れ帰って家内制手工業や広大な農地を開墾させる奴隷に使うっつうか。それ止まりっつうか。そこから先が無いっつうか。
 そんな感じ。

 上杉謙信というと戦の神=経済音痴って印象が強いけど、実際のところ大陸貿易や京都相手の特産品貿易で財を成した実業家の側面のほうが強い。経営手法は、奴隷を主体とした低コスト低価格路線。
 で、最期は便所で脳溢血起こして卒倒したと。

 孫たんの行く末も、これに近いんじゃないかなと勘繰り中。

POSTED_BY: @2006/03/05 12:43:14

1.7GHz帯を返還すべきかどうかの話がでていますが、ソフトバンクがこの帯域を使ってQualcommのMediaFLOの技術を使ってYahoo動画のコンテンツを流し始めたらすごいですね。(無線技術のことはよくわからないのでW-CDMAでMediaFLOが使えるのかどうかよく知らないですけど。^^;

POSTED_BY:catechine @2006/03/08 1:07:20

Media FLOはTV出使われているVHF,UHF帯で送ることを想定していますので、1.7GHzでは難しいと思います。

ちなみに、日本ではqualcomとKDDIが企画会社を作りましたが、上記の周波数帯が割り当てられるかどうかも不明です。

結局、この手の話で重要なのは、「こっちの方が技術が優れている」ではなく、「どうすれば国から認可を得られる」なので、今後の動向しだいだと思います。

POSTED_BY:かのねこ @2006/03/08 10:28:28

「情報検索も出来る携帯電話」から「電話機能もついた携帯情報端末」に変わるといいなと思う今日このごろ。
待ち受け画面はGoogleかYahoo。ボタン一つで簡単に情報検索&ダウンロード。
目指すは攻殻機動隊の電脳のようなもの。
ただ直接脳に繋ぐのは怖いので体外端末のままでいいや。

POSTED_BY:bob @2006/03/08 16:56:35

パンピーにはちと情報が多すぎます。この買収を「一言で」述べるとしたらどういうことなんでしょう。大学で自分の論文について聞かれたときに答えるみたいに。

POSTED_BY:zubari @2006/03/11 13:19:06

 一ユーザーとして、一つだけ誰も発言していない事を発言。
 ノキア端末のインパクトって、実は「通話以外が非常に使いにくい」って事にあったり。ボーダフォンのノキア端末を使っていて感じるのはメール機能や、ビュアー機能の使いにくさ。メールは外部メールボックスを受信出来る代わりに、メールを一通一通手動で削除するため、スパムが10通来たら削除に5分近くかかる有様。標準のスケジューラーも、ToDoやメモを取り出せないため、超勝手アプリ必須で、それを使いこなす動作必須。だから、ボーダフォンは大ゴケした訳で。ノキア端末は非常に使いにくいという声がネット上にはほぼ皆無でも、店頭では念を押される不思議。
なので、海外の端末をどんどん入れると、日本独自というべきサービスはどんどん使いにくくなり、大幅にビジネス構造を変えざるを得なくなるのでは、と妄想。まぁ、失敗する可能性も高いですが。

POSTED_BY:うみゅ @2006/03/13 8:34:02

先頭の崎山伸夫さんの意見に賛成です。

以下は追加意見です。

・Yahooモバイルのコンテンツ、今の時点で見れば実は言うほどたいしたことない。と思います。オークションとかは別だけどデジタルコンテンツ系は特に。キャリアのポータルと実際に比較してみましょう。虚心に見て、どれほどの違いがありますか?コンテンツの競争力というのが巷で言われるほどあるのか疑問。

・もしコンテンツにいいのがあるとして。今のキャリアのポータルになくて、かつ勝手サイトにもなくて、かつYahoo(PC含む)にあって、かつケータイの小さな画面で利用したいコンテンツって果たしてどれくらいあるだろう?疑問。

・上記に関連して。多数の魅力的コンテンツがソフトバンク側に仮にあるか、これから出てきたとして、ソフトバンクが囲い込み続けられる理由は?疑問。コンテンツホルダーのビジネスにとって、ソフトバンクのボリュームに囲い込まれるメリットがない。

・言及されているように、ソフトバンク専用サービスはある程度まで準備されるかもしれないが、それでも、Yahooモバイルは今後もソフトバンク(ボーダフォン)だけに提供されるコンテンツとはなり得ないだろう。それはYahoo自身の利益にならないため。

・逆説的だが、Yahooモバイルがもし十分な競争力を持つサイトならば、公正競争の観点から言っても行過ぎた囲い込みは問題だと指摘できるかもしれない。まあ苦しい理屈ですが。これは余談。

・ケータイは電話機・・・まず電話がつながらなくては話にならない。FOMA(=ボーダフォンと同じWCDMA)の設備投資額を見れば、たとえ色々割り引いて考えたとしてもVodafoneの3G網への追加投資はこれからかなり必要。ボーダフォンのEBITDAを考慮すれば今回のLBOでの借金を返済可能である旨説明がされていたが、しかしVodafoneの3G網の品質の査定などしっかりできていないはずである。NW品質がオペレータの生命線だが蓋をあけてみてびっくりするはず。本気でやるなら設備投資がもっと必要であり、そうすれば借金を返すためのキャッシュが不足する。

・既にかなりの端末にフルブラウザが乗ってきていますが、これをどんどん拡張していけばPC向けYahooやその他のPCサイトなど見れるようになりますね。そうしたらソフトバンクの優位性はどこに?

・ボリュームの小さなソフトバンク向けに、はたしてメーカは細かな仕様に基づいて端末開発してくれるだろうか?疑問。

インターネット関連技術・関連ビジネスのオープン性から言うと、Yahooにできることは、i-mode、EZWebでもすぐにできるしその逆も真。よって総合力の勝負になります。

コンテンツで強いという仮定が正しければ望みはありますが、よくよくみればそれは幻想であったということになると、ソフトバンク+ボーダフォンは弱者連合ということになる。

飛躍は厳しいと思います。

POSTED_BY:かめ @2006/03/20 18:49:18

Post a comment