« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

ファイナンスした人が責任取れば?

 つらつらとウェブを巡回していたら、D通の高広さんが今日をもって辞めますという報告をブログにアップしてるのを発見。藤代さんがまとめた『ブログ・ジャーナリズム~300万人のメディア』の対談で末席を汚させていただいた時に同席してしゃべってみて、「同じぐらいの歳なのに世の中にはすごい人がいるもんだ」と感動したことを思い出した。報告エントリを見ると、「広告業界の明日を考えすぎた」とか書いてある。これもブログで辞めたの一例になるのか?なんつって。次どこに行くのか、激しく気になる。

 それはおいといて、例のマンションの耐震強度偽装の件は、何かこの機会にみんなカミングアウトしちゃえという感じで、収拾がつかなくなってきた感があり。踊る新聞屋氏がブログ界の反応、主要メディアの動向などを総括しているが、まあ実際業界みんなで「オレも、オレも」ってここぞとばかりに暴露しまくりながら、国交省の公的資金税金投入を待ちわびてるんじゃないかね。

(12/17 6:10追記)悪徳不動産屋さんが同じことを書いていた。こっちの方が現実的な手だてかも。勉強になる。

続きを読む "ファイナンスした人が責任取れば?"

| | コメント (83) | トラックバック (53)

2005/11/27

財布バトン

 というのが、栗先生から回ってきた。そこに全財産を持ち歩いている俺が来ましたよ。

続きを読む "財布バトン"

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2005/11/25

今週は特になし。つれづれ雑感のみ

 ネタをいろいろと考えたりもしたが、どうにも筆が進まない。先週からずっと1つ下のエントリが大人気ですが、「どっちもやれぇ」とかはやし立てるコメント、TBがてんこ盛り。皆さん本当に揉め事が好きですな。ブログ界=ネット野次馬というか。どうでもいいけど。

 それはさておき、今週の話題の中心は、マンションか。これについては、ウチダ先生からbewaad instituteFIFTH EDITION五号館のつぶやき松本のコーヒー屋氏に至るまで、あちこちのブログで秀逸な情報収集、批評エントリが上がっている。新聞も雑誌もテレビも一切見ずに、この件についてこれだけの情報とこれだけの考察がタダで読め、自分の知恵にできる時代。僕はなんと幸せな時代に生きているのだろう。

続きを読む "今週は特になし。つれづれ雑感のみ"

| | コメント (9) | トラックバック (4)

2005/11/20

消費者は偉大だ

 久しぶりに見た「オレが消費者だ文句あるか」って感じの日記。禿しく心を揺り動かされた。ネットの外側の世の中のほとんどの人はアルファなんとか言って本まで出しちゃう連中をイタイ奴扱いするんだろーなーという悟りと目覚め。しかもコメント、TB一切拒否。これぞはてダの鑑。そして自分はこういう人から「分かんねえ」と言われてしまうような文章を書いてしまったことに、反省しきり。ネットって、こういう「何の関係もない人からの容赦ない言葉」が素で聞けるっていうのが、本当にすごいと思う。

続きを読む "消費者は偉大だ"

| | コメント (44) | トラックバック (14)

2005/11/19

【書評】スティーブ・ジョブズ-偶像復活

スティーブ・ジョブズ-偶像復活 既にあちこちで告知され始めてますが、どういう経緯でだかよく分からないうちに今月のET研「アップルコンピュータ」にパネリストとして出席することになりました。なんつーかものすごいミスキャスティングな悪寒。だって確かにエントリは何本も書いたけど、自身は未だにiPodを持っておらず、それどころかアップルを取材したことさえこれまで1度もない僕がアップルについていったい何を語れるのだろうか。はなはだ心配。

 このままだと渡辺さんが呼んだもう1人の相方パネリストの方に木っ端微塵に撃破されるのではないかと思い、不安の余り11月5日に発売されたばかりの「スティーブ・ジョブズ-偶像復活」(ジェフリー・ヤング、ウィリアム・サイモン共著、井口 耕二訳、東洋経済新報社)を取り寄せて死にものぐるいで読んでみました。ET研の参考になったかどうかは自分でも分からないが、とりあえず感想をまとめてみる。

続きを読む "【書評】スティーブ・ジョブズ-偶像復活"

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2005/11/18

生活保護は国の責任だとか言ってるご都合主義者どもに告ぐ

 三位一体改革で相変わらず霞ヶ関の抵抗というか、握ったひもは死んでも離したくない人たちの思惑が顕わになっていて笑えるわけだが、政府のやり口を批判する側も結局なんだかんだ言って、総論では地方分権に賛成なのだけど各論では反対という、相変わらず知恵の足りない反応しかできないのがなんだかなーと。

 義務教育の国庫負担金は中教審のホゲ答申にへつらって国負担堅持をうたうくせに、生活保護は削減して地方に分権してもいいんじゃね?とかぬかしてる自民党のボケ爺どもはもはや「抵抗」でさえなく「低脳勢力」の一言でほっとくとして、それにしても「生活保護は憲法で保障された最低限のセイフティーネットだから地方分権しちゃいけない」とか、まったく意味のわかんねーことを言ってるのはどこのアホですか。勘弁してください。てか本当に憲法で決まってる国の役割は地方分権しちゃいけないとか言うなら、知事会は自衛隊と米軍の部隊配備計画にいちいちグダグダ口出すなよマジで。国防は国の役目なんだからな。

続きを読む "生活保護は国の責任だとか言ってるご都合主義者どもに告ぐ"

| | コメント (18) | トラックバック (8)

2005/11/12

アップルパイの季節

紅玉煮込み中 秋、と言えば人によっていろいろなものを連想するだろうが、僕の場合はこれ。アップルパイ。秋になると紅玉をたくさん切って適当に砂糖で煮て冷やしておき、好きなときにパイ皮に包んでオーブンで焼くだけでできる。ちょう楽チンなおやつだ。

 季節はちょうどサンクス・ギビング間近。米国では「おふくろの味」と言えばアップルパイのことを指すらしいけど、うちの家も結構それに近いかも。といっても、りんごの皮をむいて煮るところまでは僕の役割なので、子供には「おやじの味」とか覚えてもらいたいですが。

続きを読む "アップルパイの季節"

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2005/11/11

見慣れない場所のビジネス

 もう最近カモシカのように寝ても覚めても働きまくっている。なんでカモシカかはよく分からないけど。昨日も一日引き篭もってデスクワークと決めていたのに諸々こなしていたら結局やろうと決めた仕事の半分も終えられなかった。ヤバイ死ぬ。

 でそんな中、オアシスのような「naoyaのダイアリー」の名エントリに噛みついてみる企画。

続きを読む "見慣れない場所のビジネス"

| | コメント (6) | トラックバック (10)

2005/11/06

やっぱり本命はドコモでしたか

 またまたiPodネタ。この話、いくら書いても面白い。Appleってすごいなあ(笑)。で、日本のカウンターパートが決まりそうな気配。

 NTTドコモ、タワーレコードを傘下に(NIKKEI.NET)

 ドコモが、タワーレコードが米MTSから離脱したときの株主だった日興プリシンパル・インベストメンツから32%の株を買い取り、さらに第三者割当増資も引き受けて40%の株を持つ。これで、タワーレコード(マーケティング)-Napster(システム)-ドコモ(端末、回線)という音楽ネット配信のトライアングルができましたな。ドコモさすが。Apple対抗の日の丸連合の筆頭に浮上でしょう。

続きを読む "やっぱり本命はドコモでしたか"

| | コメント (16) | トラックバック (20)

2005/11/01

サルかゴリラになった気分でした。

 政治の話のプライオリティというのは難しいものである。そして、この場ではプライオリティが高いものは何で、低いものは何という行司をやる人間がいなければ、議論を建設的な方向にファシリテートすることはできない。今日(昨日)の民主党ブロガー懇談会で一番強く感じたのはこれ。

 前原代表ほか民主党側の面々はと言えば、正直「ブロガーとはどのような人種なのか」というのを、興味津々で見に来ていた、というのが正確なところではないかと思われる。なんだか動物園のサルとかゴリラになった気分。で、いきなり最初に泉あい氏が「ここの人たち、ほとんど全員初顔合わせなんです!前原さんに会うより、ブロガー同士会うことのほうが緊張してます!」とか言っちゃうし(笑)、小飼氏やBigBang氏あたりからはWeb2.0的な発言がバンバン出るものだから、もう全員目を白黒。トホホ。みんな、もうちょっと優しくしてあげようよ。

(11/1 9:40追記:GripBlogの報告エントリのコメント欄に、細野豪志役員室長が降臨。キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ !!!!!てか、もうブログやってるんじゃん、豪ちゃん・笑)

続きを読む "サルかゴリラになった気分でした。"

| | コメント (4) | トラックバック (16)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »