みんす党vs自民党のブロガー大戦
Main
ついに来た。メール向けAd-Sense

2005/10/30

楽天は本当にAppleに対抗しようと考えたのか?

 湯川氏の「ネットは新聞を」ブログで、「楽天はTBS買収から撤退せざるを得ないだろう」という予測が開陳されている。面白いのは、そもそもライブドアが試みて失敗したテレビ局の買収に楽天があえてまた乗り出した理由を、世間でよく言われる「株価を上げ続けなければならないから」ではなく、「アップルに対する対抗軸をコンテンツ企業の買収で作りたかったから」と見ている点だ。

 ここで湯川氏を批判するのは簡単なことだ。だが、この仮説はとても面白い示唆を含んでいるように思うので、それに関連して少し考えをめぐらせてみたい。

 以前に書いた「Video iPodに勝つためには何をすればいいか。」のエントリで、僕はiPodのビジネスに勝つためには、まず映像配信のプラットフォーム(ソフトウェア)を作って、安いハード(プレーヤー)と一緒にばらまいてしまうことだ、と書いた。コメント欄でも指摘されているように、現時点でのAppleの収益源はiTunesでの楽曲売り上げではなく、iPodというハードの販売利益だ。これはつまり、Appleのビジネスモデルが、まだ発展途上であることを示している。

 どういう意味か?デジタルの世界で利益を出せるビジネスの規模というのは、商材によって違うということだ。一番規模が小さくても(数百~数千ユーザー)利益が出るのは、ソフトウエアの販売である。そこそこ面白い、使えるソフトをCDに焼いてパッケージにすれば書籍や雑誌とほぼ同じ流通チャネルで販売できるし、オンラインでのダウンロード販売やシェアウェア方式にすればもっと手間もかからない。しかし、Appleはここを「タダで配る」ことで、収益化を諦めた。

 その代わり、彼らが狙ったのはその上のレイヤー、「ハードウェア」である。ここは最低でも10万ユーザーぐらいの規模がないと、利益が出ない。その代わり、デザインや機能といった分かりやすいチャームポイントを人々に見せることが可能であり、うまくやれば実際のユーザー数以上に世の中に宣伝効果を及ぼすことができる。この宣伝効果をうまく下のレイヤーで「規模」化して回収できれば、十分な相乗効果は得られるはず。これが彼らの読みだったろう。

 その上の3つめのレイヤー、「コンテンツ」は、もっとも商売の難しいところである。商品を作るのはクリエイターであり、企業が投資をすればすぐに自分で人気作品を作れるわけではない。ゲーム業界はクリエイターの人件費が非常に低廉だったこともあり、ハードウェアメーカーは自らのハードの利益を多少犠牲にしてでもコンテンツに猛烈な投資をして、優良なコンテンツを囲い込む戦略を取った。

 これに対し、AppleがiPodで扱おうとしたコンテンツは「音楽」という、クリエイターのコストが非常に高く、また現在のコンテンツではなく過去のコンテンツ資産が圧倒的な市場価値を持つ世界である。これは1社でコンテンツの囲い込みを画策しても、どうにもならない。そこで彼らは、ここの利益はほぼ全部コンテンツホルダーに還元することにして、儲けることを諦めた。

 真ん中のレイヤー「ハードウェア」で利益回収とブランディングを行い、その下のレイヤー「ソフトウェア」で規模を稼ぎ、上のレイヤー「コンテンツ」で他人のふんどしを借りる。こうして、音楽業界におけるiPodのビジネスモデルができあがった。

 では、映像ではどうだろうか。ソフト、ハードまでは上記に同じであろう。問題はコンテンツだ。「映画」では音楽と同様、過去のコンテンツ資産が大きな価値を持つが、「テレビ」あるいはそれ以下の視聴時間の映像コンテンツは、過去の作品が市場で幅を利かせているわけではない。つまりここではコンテンツ「ホルダー」を囲い込む必要はないということだ。

 では、クリエイターはどうだろう。テレビ局所属のクリエイター(プロデューサー、ディレクター、アナウンサーなど)は確かに高給だが、下請け制作会社やアニメ業界のクリエイターは途上国並みの薄給で働かされている。その生産するコンテンツのクオリティに大した差があるわけでもない。とすれば、下のレイヤーでのプラットフォームさえ作ってしまえば、コンテンツは過去資産のホルダーを囲い込むのではなく、制作力のあるクリエイターを一本釣りで囲い込み、作品を作らせるほうがずっとビジネス上のインパクトが高いことになる。

 幸い、昔は視聴に耐えうる映像作品を作るためには、高額な機材をたくさんそろえなければならなかったが、今はデジタル化の進展で、ビデオ撮影も編集もコツさえきちんと知っていれば素人でも揃えられる程度の機材で十分なクオリティが出せる。大事なのはコツを知っている人をかき集めて囲い込むことのほうだ。

 さて、話を元に戻して、楽天である。湯川氏は、「三木谷社長には焦りがあったのだろう」と言う。僕もそれには同感だ。彼は焦っている。でなけりゃ、あんなことするわけがない。

 しかし、焦りの内容は湯川氏の読みとは違う。もし本当にAppleに対抗する気があるのなら、何らかのかたちでAppleに対抗できるだけのプラットフォーム開発に着手する一方、良質な映像制作のクリエイターをかき集めようとするだろう。幸い、日本ではまだiPodそのものを持っている人はそんなに多くない。ハードが自分で作れないなら、ソニーかドコモと組むとか、あるいはケンウッドあたりにTOBをかけても良かったはずだ。

 しかしそうではなく、虎の子の1000億円をTBSに投じたのはなぜか?その理由をおなじみ、松本のコーヒー屋氏や、kenjimori.comが分析してくれている。要するに、もう楽天の「ショッピングモール」というビジネスは、寿命間近なのである。映像ビジネスに種をまいてそれが芽を出し育つまで、待ってられないのだ。そのことを三木谷氏本人が一番よく知っているのである。

 かつてネット・ショッピングには、信用できる決済システムと店舗へのトラフィック確保にネックがあると言われていた。楽天はそこに注目し、決済インフラの確立、そして「ネット店舗なら何でも楽天にある」と言わしめるほどの店数を揃え、「ネットショッピングならまず楽天」と消費者に連想させ、お客のトラフィックを確保することに多大な努力をかけた結果、大いに成長した。

 だが、ネットでの物品購買が当たり前になり、決済インフラの信用性もほとんどボトルネックにならなくなった。またトラフィックはGoogleを初めとする検索エンジンからが中心になり、SEOや検索連動広告を出せば単独でネット上で店を出しても十分トラフィックを確保できるようになった。そうすると、楽天に顧客リストを握られている既存店舗はともかく、新規に出店する業者が楽天の利用を検討する必然性はまったくない。ここが、オークションという「システム」そのもので顧客をロックインしてしまったヤフーと楽天の、大きく異なる点である。

 結局、楽天は今持っている信用とキャッシュを、何かすぐに価値となるものに変えておかないと、2~3年後には会社そのものが存亡の危機に瀕するという危機感を隠せないのだろうと僕は思う。TBSを、村上氏の言うように「含み益を大量に含んだ不動産の塊」と見るか、三木谷氏のように「売れるコンテンツとその制作力を持つクリエイターの集まり」と見るかは人それぞれだろうが、いずれにせよ今手元にある1000億円のキャッシュを、5000億円近くある有利子負債の返済に回せるエクイティー調達にふさわしい事業に何とか変えないとと考えている点では、大した差はないのではないかと思う。

 三木谷氏はずっと以前、「コンテンツなんて、あんなもの自分で作っちゃダメですよ。世の中にいくらだって転がっているのだから」と周囲に語っていたこともあり、もし彼がTBS買収でコンテンツ囲い込みを狙ったのだとしたら、そもそも彼は楽天創業以来の自分のビジョンを変えたことになる。人間、誰しも焦ると判断を間違えるものだ。利益を出したければ、まずは利益を考えずに顧客のことを考えなければならない。短期的な成果を出したければ、まず長期を見なければならない。経営というのは難しいものである。

11:21 午前 ビジネス

 TrackBack URL:: http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16309/6749133

TrackBackList::楽天は本当にAppleに対抗しようと考えたのか?

台湾紀行-IT産業 (結) トラックバック 流転: Return to Forever @2005/10/30 12:42:17
(前より続く)モダーンなR/Dビルについて具体的な会社名は記載できませんが,台北近郊の比較的利便性の良い場所に構えて優秀な技術者を取り込もうとしています。 設計の委託は,当初は据置き型パソコンのようなベース設計の現存する製品の外観を少しカストマイズする程度の小変...... 続きを読む

楽天のビジネスモデルの寿命 トラックバック 「本の感想屋さん」Blog @2005/10/30 12:48:28
R30氏のエントリーより。今回の楽天のTBS騒動は、楽天自身が自らのモールビジネスのモデルに寿命を感じた末の行動だというもの。トラフィックのベースが検索エンジンに置き換わってきており、SEO対策等のノウハウがコモディティ化していくなかで、モールに出店してトラフィックを担保してもらう価値が薄くなってきた。楽天に顧客リストを握られている既存出店社はまだしも、新規の出店希望社がわざわざ楽天に出店するメリットを感じにくくなってきている。。。確かにそうかもしれないなぁ。でもこれって、モール型ビジネス(出店料徴... 続きを読む

なぜ、楽天は苦境に立ったのか? トラックバック Espresso Diary@信州松本 @2005/10/30 18:23:32
NTT(9432)とスカパー(4753)が提携。一本の光ファイバーでBSとCSと地上波が見られるなら便利です。これは、TBS(9401)と楽天(4755)の提携よりも現実味がある話。株価はスカパーが+9.40%の急騰。楽天は、きょうも売られて−3.49%で終わってる。気がつけば楽天が孤立....... 続きを読む

フジテレビ社長が勘違い発言? 「テレビは通信と全く別の業態。」 トラックバック ゲラ・チャンポン | 広告ビジネスブログ @2005/10/30 19:07:34
◎楽天は「異業種」、統合実現に疑問=フジ社長がTBSにエール ?(時事通信) そのエールの内容として一部取り上げられていたのが、こちら↓ 【村上社長は 「放送は電気、ガス、水道と同じで、番組づくりに公共性の確保を迫られる」と指摘。 その上で、ITなど通信... 続きを読む

楽天とAppleの出自の違い トラックバック アーリー・セミリタイアを目指せ! @2005/10/30 20:46:17
R30氏の[http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/10/rakutenapple_9a57.html /「楽天は本当にAppleに対抗しようと考えたのか?」]の投稿は、頭の整理になります。 とくに楽天についての分析   ・システムで顧客をロックインした「ヤフーオークション」と、信頼ある決済システムと単なるポータルだけの「楽天」の寿命の差 については大変納得です。決済システムの信頼性はもはや楽天だけのものではないし、ポータル・集客自体もgoog..... 続きを読む

三木谷さん,残念ながら人間磨いて一から出直ししよう トラックバック 流転: Return to Forever @2005/10/31 4:06:13
残念ながら今回のTBSの買収騒動,三木谷さんの負け。単に「通信と放送の融合」が大儀では,誰の支持も得られないでしょう。(アメリカでも成功していないとの読売新聞記事) ...水戸黄門を見ている人が,楽天で水戸黄門グッズをすぐに買える様に・楽天トラベルでツアーに参加で...... 続きを読む

バーチャル株式20051014 トラックバック OVER THE RAINBOW +にじかなたぶろぐ+ @2005/10/31 11:01:52
TBS株を大幅に買い取り、楽天と村上ファンドが大株主になった とのこと。ニッポン放送株の問題のときも次狙われるとしたら TBSと言われていたのでついに来たという感じなのでしょうか? TBSも村上ファンドに狙われてることを知って電通などに第三者 割り当てをするなど対策もしていたようですが、やっぱり不十分 だったみたいですね。合併ではなくて持ち株会社制による統合を 楽天側は目指しているらしい。なんでもメディア進出は悲願だった そうで今までもTBSと業務提携の話は進めていたんだとか…。 ... 続きを読む

放送と通信はほんとうに融合するのか? トラックバック ハコフグマン @2005/10/31 20:10:11
 最近忙しいので、更新が滞りがちである。以下の文章もかなり勢いだけで書いているの 続きを読む

[メディア][世代]広告業界のトップは、デジタル時代の異なったメディア習慣を理解せず「責任回避」している。(Ad Innovator/BrandRepublic) トラックバック Adv.blog - ADvancation’s Weblogue. @2005/11/01 0:06:05
http://adinnovator.typepad.com/ad_innovator/2005/10/wpp_ceo_sorrell.html WPP CEO Sorrell氏:広告業界はデジタル時代を理解していない Sorrell warns ad industry is failing to understand digital age((http://www.brandrepublic.com/bulletins/br/article/524573/sorrell-warns-ad-in... 続きを読む

楽天 v.s TBS トラックバック 三茶農園 @2005/11/01 11:16:57
放送業界が映画業界を席巻して早数十年。 いまやテレビの1コンテンツに成り下がったとさえ言われる映画。 しかし、テレビで映画が放送されるまでには様々なハードルがありました。 権利関係を整備し、念願の放送へとこぎつけています。 ソフトバンク v.s テレビ朝日...... 続きを読む

[メディア][世代]広告業界は、デジタル時代の異なったメディア習慣を理解せず「責任回避」している。(Ad Innovator/BrandRepublic) トラックバック Adv.blog - ADvancation’s Weblogue. @2005/11/01 13:34:16
http://adinnovator.typepad.com/ad_innovator/2005/10/wpp_ceo_sorrell.html WPP CEO Sorrell氏:広告業界はデジタル時代を理解していない Sorrell warns ad industry is failing to understand digital age((http://www.brandrepublic.com/bulletins/br/article/524573/sorrell-warns-ad-in... 続きを読む

楽天 トラックバック Still Laughin' @2005/11/01 23:35:42
いやー、コワイ話ですわ。 ホント。 そりゃ悪魔に魂を売ろうが、全財産を投げ打とう... 続きを読む

楽天の終りの始まりは8月 トラックバック 時事を考える @2005/11/02 0:16:25
楽天の頑固なオーナーと前監督-夏からは会話もなくとのこと、TBSとの経営統合問題 続きを読む

遅れ馳せ乍ら、楽天のTBS買収 トラックバック Boogie-Woogie-Anarchy @2005/11/02 10:08:00
様々な人が様々な説を展開していらっしゃいます、楽天のTBS買収。 http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/10/rakutenapple_9a57.html 唸っちゃったなー。これスルド過ぎます。 今回の三木谷氏の行動は、一般には時価総額経営による、M&A成長モデルが故とい..... 続きを読む

ネットはメディアのみならず何もかも飲み込むでしょう。 トラックバック 貞子ちゃんの連れ連れ日記 @2005/11/02 18:05:59
実を言うと 21世紀のインターネットはメディアのみならず すべて何もかも飲み込んでゆくと信じている貞子からの報告です。 ライブドアがセシールを買収した知らせを聞いて やっと通販の会社を買収するネット関連企業が日本でも現れたんだなぁ〜〜と感慨にふけっていた貞子です。 まぁ ライブドアの堀江氏は本当はフジサンケイ・グループのディノス(ディノスはアッパーミドルの地方都市の女性に人気)が欲しかったのでしょう。数年前から ネット企業が成長したいなら ディノスとか通販生活とか千趣会などのメジャーな通販との提携... 続きを読む

楽天の今後 トラックバック 成功者への道 @2005/11/03 12:37:14
R30さんのブログを見て一言。決済インフラ面のボトルネック解消やG oogleを初めとする検索エンジン経由の検索連動広告を出せば単独でネット上で店を出しても十分トラフィックを確保できるようになったため、業者が楽天の利用を検討する必然性はまったくない(?)との分析は確かに一理あると思います。 実は少し前まで私は楽天の株主(若干ですが)でしたが、TBS騒動の行方が不透明につき売却しました。 三木谷氏にはがんばってもらいたいですが、当面は様子見が無難な感じがします。... 続きを読む

Video iPodと、次世代テレビ トラックバック てれびにっき @2005/11/05 16:49:46
次世代テレビ(番組)(伝送手段)が、よりパーソナルに細分化され、よりオンデマンドに変わっていくことに異論のある人はいないだろう。これまで技術的・予算的に不可能だったことが、やる気と綿密な計画と少しの予算でできるようになった、という事実を背景に、行動を起こし始めた人がいる、ということだ。 コンテンツをつくる作業とは、極論すれば「徒弟制度」の大工仕事だ。大先輩がいて、何層にも中間層がいて、新人が入り、しごかれる。目指す目標が高い所にあって、モチベーションを維持できる者だけが生き残り、作品とよばれる... 続きを読む

三木谷さん本音(?)を語る(課金システムが生きる) トラックバック 時事を考える @2005/11/05 19:07:46
楽天の三木谷さんのお友達、宇野さんが社長をしているUSENのGYAOが「三木谷さ 続きを読む

[社会]iPodというか、音楽配信というか、Appleの今後のそっち方面の展開があまりバラ色に見えない理由 トラックバック antiECOがいるところ @2005/11/06 7:53:57
 音楽関係に詳しい方は、11月1日に SONY が AAL(ATRAC Advanced Lossless)形式を発表したり、Microsoft がWMA Lossless(Windows Media Audio 9 Lossless)、Apple が Apple Losslessフォーマットをすでに発表していたりと、かなり忙しいことになっていることはご存じだと思います。  そもそも、音楽CD-ROMは PCM(Pulse Code Modulation)方式(44.1kHz, 16bit)、平均レ... 続きを読む

楽天VSTBS トラックバック 飛耳長目(ひじちょうもく) @2005/11/21 13:20:36
そろそろ決着の模様。久しぶりにまとめてみました。[R30]:楽天は本当にAppleに対抗しようと考えたのか?結局、楽天は今持っている信用とキャッシュを、何かすぐに価値となるものに変えておかないと、2〜3年後には会社そのものが存亡の危機に瀕するという危機感を隠せない...... 続きを読む

俺の職業は…いちおう、記者、かな トラックバック 踊る新聞屋-。 @2005/11/28 1:06:42
 俺って本当に表現力がないよなぁ…と痛感。<5号館のつぶやき>さんほか、皆様に感謝。 続きを読む

ショッピングモールというビジネスモデルの寿命はそろそろ尽きる論について雑感 トラックバック Web屋のネタ帳 @2006/04/21 21:11:24
SEOだとかAjaxだとかWeb2.0だとか「何とかAPI」だとか、よくわから... 続きを読む

Comments

職業柄、マーケティングには縁がなかったんですけど、今回のエントリで、思っていたのより基礎的なところがあって、深いんだなぁとあらためて認識しました。

POSTED_BY:ひろ @2005/10/30 13:14:46

ニホンのインターネットには限界が待っていると思う。
独創性も独自性もないし、先端的冒険もないし。
楽天は数年以内に、外資の傘下だろうなぁ。
それこそ、Appleが楽天を買ったり?

ニホンのビジネスで生き残るのは、
古臭い職人技への世界的信用がある会社だけだと思う。

商人技もなんだか枯れているみたいだし。
バナナの叩き売りみたいな…

POSTED_BY:野猫 @2005/10/30 14:20:13

あと5年もしたら、窮地に陥ったソフトバンクと楽天とライブドアが合併したりして。w

POSTED_BY:Baatarism @2005/10/30 19:48:40

iPodって欧州じゃああんまり人気ないみたいなんですけど、日米では盛り上がってるみたいですね。あの音質で満足ということでしょうか、まぁ、昔の電子音ピコピコの曲ならいいのかも知れませんが...。
懐かしい気持ちでのダウンロードも旬は過ぎたんじゃないでしょうか。
時代は、高画質、高音質だと思うんですけどね、カネのある国を商売にするんであれば。

映像に関しては、エロ映像は随分前からダウンロード販売とか会員とかやってる訳で、いまさら新しい訳でもないし、わざわざちっこい画面で持ち歩くのもねぇ。

ところで、楽天、各店舗の値引き合戦も行き詰まっちゃったみたいだし、そう買う物もないしで、まぁ、こんなもんでしょ。どこかの人が送料無料なんて提案してたけど、そんな余裕ないっしょ、ガソリン代も随分とあがってしまって、トラック確保もままならないこのご時世に。
商品をこれ以上値引きすると商品自体をおろしてもらえなくなったりするので、送料で値引きの代替したりしてるんだろうけど、赤字商売やるだけの体力はいまの日本では厳しいでしょう、とことん「カイゼン」やら効率化してしまってるんだから。

まぁ、今後ネットで何を売るのよ、って話ですね、行き着くところ。
広告だって、元の商品がなければねぇ。

文化の進展とは別に自然回帰も最近のトレンドでっせ。

お奨めのDVDをここで、ひとつご紹介。
BBCで大人気のDavid Attenboroughの「Life」シリーズの全8編を1boxにしたDVD。(ASIN: B000B3MJ1E)
DVD24枚組で、英では12月発売とのこと。170ポンドでこれが手に入ることを考えると、ipodビデオとかオンライン画像配信とかは不要でしょう。

POSTED_BY:antiECO @2005/10/30 20:12:54

>antiECO
不要でしょう。まで読んだ。

POSTED_BY:R29 @2005/10/30 21:19:11

映像は基本的に停まって見るメディアですので、
Video ipodがでることにより、貸しビデオ室みたいな
ものが復権するのではないでしょうか?

たとえば、出先でちょっと時間がある(漫画喫茶に行く程度の時間)、
今までは、漫画喫茶で漫画やDVD、Webサイト閲覧などで時間をつぶす
という行動しかできませんでしたが、Video ipodがあれば、
日ごろ自分がためたビデオを消化するということができます。

また、ファミリーレストランなどでテーブルにVideo ipod閲覧の
ための端末をつければ、ビデオを観つつ食事をとるなどもできるでしょう。

まあ、あくまでもVideo ipod内の映像を外部出力できるという仮定の
話ですが。いつでも映像が見れるは、インターネット配信の映像で
まかなえるでしょうが、どこでも映像が見れるのはインターネット配信では
セキュリティの関係でまだしんどいと思います

POSTED_BY:四十九次 @2005/10/31 0:24:32

外部出力するモニターのサイズが例えば1024×768で10インチ程度であっても、見るに堪える画像は30分程度でも500MB~1GB必要。
ケーブルを用意したり、バッテリを気にしたり、また、iPodに転送したりとしてたらかなり時間と手間がかかるもの。それに、せっかく用意していっても見たいものは気分が変わるしね。
個人的な経験として、音楽ですら今現在携帯プレーヤーに1GB分たっぷり入れてあっても、今入っていない曲が聴きたくなったりするから困ったもので。でも1GB入れる手間はかなり大変だったりするので、なんだかなぁと。
それなら、ちょっと重くてもパソコン持ち歩いた方が楽しかったりする、映像も音楽もたっぷりはいっているから。
個人的には、電源コンセントをテーブルに用意してもらう方が嬉しかったりするのだけれど、そういったサービスは国際線の飛行機でもエグゼクティブクラス以上だったり、鉄道はほぼアウトだったりするし...ってな感じですかね。

POSTED_BY:antiECO @2005/10/31 1:53:53

>antiECO
>それなら、ちょっと重くてもパソコン持ち歩いた方が楽しかったりする、
ノート最強なら議論の余地無いだろうに。なしてまたコメントに居座りを?

POSTED_BY:R29 @2005/10/31 15:58:56

>R29 
もちろん、年に1度の季節だから。

POSTED_BY:antiECO @2005/10/31 17:00:13

Appleの持つ開発リソースは良質だが絶対的な規模で見劣りする。
楽天は八百屋でAppleは土建屋。商売変えだろうが対抗のしようが無い。

AppleのVideoiPodは彼らの商売が行き詰まったから出した。
デジカメやClieと同じで全力疾走の2周目はなかなか辛い。
だからiPodでビデオを見るかどうかなんてのは的外れな話。
そういう意味ではスロースターターで誰もが指差し笑った
MSのMCEが恐ろしい。連中のフライホイールはでかい。
発展途上とはWindows3.0のことを言うのだ。

それからコンテンツ。この振興のために給料を上げてはいけない。
そういうフィードバックでは金の紡ぎ方が上手くなるだけなんだよ。
振興には生活保護を厚くしてやったほうがいい。あるいは何もしない。
何でかというと作品っつうのは基本的にコミュニケーションだから。
売買というのはコミュニケーションとしては糸電話にも劣るんだよ。

POSTED_BY:joooo @2005/11/01 3:59:59

確かに、コンテンツだけだったら世の中にいくらでも転がっていると思いますが、キラーコンテンツはそうそうないんじゃないでしょうか(X指定系は別として)。日本は、歴史的な沿革(規制による保護)によって、キー局がキラーコンテンツをほぼ独占して、しかも市場に出していない珍しい国だから、ネットメディアがインフラ込みでも買いたがるのは当然なのでは。NTTが買うのは法律で禁止されていますけれども。

POSTED_BY:jitsuko2 @2005/11/05 21:14:26

すごい冷たい話ですが、コンテンツ=優秀なクリエイターとの人脈だと思われます。そういう意味ではTV会社買収に意味があるようで、ないようで、あるようで、微妙だし、放送と通信の融合の黒字化は中期的な結果なような気がします。

中期と観たとき、それまで金融で乗り切る、これは分かる。
TVをインターネット以上の売買の窓口にする、これも分かる。
しかし、最終的な結論として、クリエイター←→中間卸(楽天?)←→消費者の間に強固な図太い金銭的な流れがなければならないはず。現在のTV局(中間卸)の金の流れは、電通←→メーカー←→消費者であって、広告費というかなりアバウトすぎる金銭の規模では、数十倍の規模格差がある。

Gyaoの流れは、TV局とネット企業がすり変わるという、非常に分かりやすい構図なのだが、楽天の描いている金の流れが、何兆(そしてそのうち10%ぐらいピンはねする)という規模には見えずに、どうしても金の匂いがしない。ついでに言うと天下のTBSだって、時価総額で楽天に負ける程度なのだ。これで金の匂いがするというのは、なんか感覚がずれている。

唯一は顧客リスト。
そして優良店舗とのパイプ。
これが楽天の虎の子。
TBSと絡めるなら、不採算広告枠と店舗のプロモーションしかないんじゃないかなあ。TBSは広告費が儲かるし、楽天は店舗への廉価な広告枠の提供で魅力を向上できるわけだし。
これで2、3年は何とかなりそうな。

POSTED_BY:sharia @2005/12/05 23:59:29

Post a comment