« iTunesMusicStoreにがっくり | トップページ | 投げ銭システム、実装してみた »

2005/08/09

郵政解散は「叡山焼き討ち解散」か?

 関係ないエントリのコメント欄にしきりと前回の僕の野次馬評に「普通って何ですか普通って普通って」と粘着してる人がいる。全特あるいは全逓連工作員がこんな場末の飲み屋のやさぐれブログまで進出してきてるのかと思うと結構鬱だ。

 が、いずれにせよ結果から見れば僕の予想は「ハズシ」だったことも事実なので、「普通に」の意味を反省を交えて書いておこうか。ま、何度も言うけど政治そのものの取材経験も別にない、ただの門外漢の「選挙マーケティング」という視点からの憶測に過ぎないんだけどね。

 僕は、この政局における小泉首相の狙いはまさにど真ん中、「郵便と郵貯・簡保の切り離し」だったと見ていた。で、別に郵便(+窓口ネットワーク)は民営化でも公社でも何でも良くて、郵貯・簡保だけが民営化できればいいと、最後のどこかで妥協するとか、あるいは参院で否決されてももう一度衆院に持って帰って可決すればいいんじゃないのとか、やるんじゃないかと思ってたわけだ。

 先週号の日経ビジネスの第2特集を読み、それから昨日の解散に至るまでの様子を見ると、この読みは完全に外れてたことが分かる。小泉首相の狙いは、郵政民営化にあったわけじゃないのだ。

 まあ、もちろん郵政を踏み絵として使ったというのはあるんだけど、そもそももう郵政ネットワーク、そして郵政マネーの「民営化」はとっくの昔に実質的に始まっているわけですよ。そして郵政公社は来年4月に海外物流事業への参入を着々と準備し、財政投融資の預託金(※郵貯から財務省資金運用部を通じて特殊法人に直接融資されている、いわゆる“郵政マネー”)は、2007年にもなくなっちゃう勢いでどんどん減っている。さらに、特定郵便局が握っていた巨額の裏金(さんざん選挙活動に使われていた)もきれいさっぱり一掃され、特定郵便局は削減しなくても今後は勝手に局長が廃業して減っていく見通しが立った。

 となると今国会の郵政法案は、既に転がり始めている改革を「後戻りさせない」程度の意味しかないし、というかまさか「あの裏金をもう一度復活させろ」とはいくら政治家でも言えないわけで、郵政の実質的な改革はもう「終わってる」と言ってもいい。

 一方、僕は前のエントリを書くときに、もう一つのルールを見立てていた。「一般に自民党政治家というものは選挙で当選する見通しが立たない政策に自分の政治生命など賭けない」というルールである。

 何度も言うけれど、「郵政を民営化すべきか?」という質問には、(いろいろな世論調査も出ているけれど)特に都市部の人にとっては「すればぁ」という以上の反応はない。地方の人にとっても、窓口ネットワークのユニバーサルサービス維持だけが焦点だとすれば、民営化でも「変わらない」と政府が保証するのなら反対する理由はない。とすれば、このイシューはそもそも選挙の争点にもならず、こんなことで解散すれば民主党を利するだけだ。だから、解散という選択肢はないと思ったわけである。

 ところが、この2つの見立てはどちらも外れていたということがやっと分かった。

 まず1つめの見立て。小泉首相は、何を狙いに解散したのか?郵政改革ではなく、「自民党の改革」を後戻りさせない体制を作るのが狙いだったのだ。つまり、亀井派と堀内派・橋本派の一部を中心とした、支持母体である全特や全逓連との関係を切れない守旧派勢力の一掃、である。
 
 そう考えると、小泉首相の不可解な一言の謎が解ける。どこかで読んだが、彼はこの国会中「民主党が郵政民営化に反対したのは最大の戦術ミスだ」と言った、らしい。当初僕はこの意味が分からなかった。けれど今ならこう説明がつく。

 小泉首相は実は解散を望んでいた。郵政法案が今国会で成立するかどうかなんて、どうでもいい。要するに任期残り1年を切った今のタイミングで守旧派を一掃するチャンスが欲しかった。

 守旧派が「郵政煽り」にまんまと乗って造反を決めてくれれば、「小泉=民営化、改革の旗手」対「守旧派=民営化反対、既得権益の代表」という構図が描ける。この構図が選挙で有利に働くのは、とりもなおさず都市部の小選挙区と比例区である。都市部でこの構図を振り回せば、守旧派は一掃できる。

 問題があるとすれば、この構図の中に民主党が割り込んでくることだ。つまり民主党が「民営化、改革の旗手」のポジションを取って「改革の旗手であることは民主党も同じ。小泉か、民主党か」という選択を有権者に突きつけるのが一番怖い。そうなれば小泉支持票の一部は民主党に流れて、守旧派が勝つかも知れない。

 ところが、バカ民主党は見事に「民営化反対」の旗印を掲げて選挙に突入してくれた。今回の選挙の構図は「小泉自民党=民営化」対「民営化反対守旧派+民営化反対民主党+(どことは言わないが民主党を勝たせたがる)左派系マスコミ」だ。これはおいしすぎる。国民の既得権益勢力嫌い、マスコミ不信、2ちゃんねるの嫌中・嫌韓ブームも味方にできる(笑)。

 思うに、旧来の自民党の論理とは、「公約を反故にしてでも、選挙区でお世話になった支持母体は決して裏切らない」というもの(いわゆる組織選挙)だったと思うのだが、小泉首相が突きつけたのは「組織より個人との約束を優先する」論理への転換という踏み絵だったのかなあと。そういえば、今朝のフジの「やじうま」が、政府関係者の発言として「今回の解散は叡山焼き討ちだ」というコメントを紹介していたが、むべなるかなという感じだ。

 カワセミ氏finalvent氏などが早々と今回の選挙での「自民党支持」を明言しているが、そういったリベラル論客の転向も含め、今回の解散には政治における「時代の変化」というものを強く感じるなあ、という感慨をもって「ヤマかけ敗者の弁」としておきたい。

|

« iTunesMusicStoreにがっくり | トップページ | 投げ銭システム、実装してみた »

コメント

民主党って郵政民営化反対なんて言ってましたっけ。
「今回の郵政民営化法案には反対」って話が多かったような気がするんですが。
民主党に限らず、今回反対した人々って。

投稿: moりcoろ | 2005/08/09 10:51

 私の場合は特にこれといった支持指標はないので「勝ち馬に乗る」で一貫しとるわけですが、まぁ、今回の選挙は小泉さん勝利でしょう。
 そう読んでいるので、小泉さん支持でいきます。

 あとまあ、「法案そのものには反対ではないが小泉氏の政治手法に反対」って言ってる人が多かったですけど、アレって場末のヤクザが「お前の言い方が気に食わない」で難癖つけてるのと変わりない。そういう構図でしか物事を捉えられないような、あまつさえ行動に移してしまうようなバカタレは落ちてよいと思います。

 某亀井某静香の選挙区住民なので今までは「亀井に入れたく無いけど民主に入れるのは死ぬほど嫌」で傍観していましたが、今回は気軽に選挙に行けそうです。よかった、よかった。


 あとまあ、自分の見解が誤っていたときに素直に反省する姿勢は非常に良いと思います。見習うべき指標がひとつできた(謝り方のサンプルがひとつできた)くらいに思ってます。お疲れさん。

投稿: うんこ | 2005/08/09 11:01

構図として民主党+自民造反になりましたが、小泉氏は自民党内の派閥解消は目指したとしても、総数を減らす改革を選ぶわけ無いで、今回のは事故でしょう。
あんまり初老性痴呆の方の行いを深読み賛美するのもどうかと思います。

投稿: p-style | 2005/08/09 11:26

『これはおいしすぎる』
┼       +    *    *
  _n  *        +       +
 ( l     ∧_∧  
  \ \ (*´∀`) グッジョブ!!
   ヽ___ ̄ ̄  )          ┼
 *    /    /   *    + 

投稿: hoge | 2005/08/09 13:33

R30さんのまったくおっしゃるとおりですね。永田
町界隈も同じ読みのようです。ただ選挙は一応リ
スクを伴うから最初から解散を小泉が望んでたか
どうかわかりませんけど。これでますます公明党
の役割の重要度が増しちゃいますね。一応造反衆
院37人を切って捨てても公明党と合わせれれば
246で、過半数の241はクリアします。246を確保
できれば、小泉はおれの勝利、国民は郵政民営化
と小さな政府を支持したと勝手に勝利宣言するの
でしょう。造反の方がた、民主党の岡田さん、文
春の民主党有利の選挙予想に踊らされて浮かれて
ると、思わぬ方向しっぺ返しを食うと思います。

投稿: soulnote | 2005/08/09 16:22

話は、ぜんぜん関係ないけど、
梅干の干しかげんは成功したのだろうか? 
気になる。

投稿: 野猫 | 2005/08/09 16:36

A新聞は社説で「民営化には賛成」と書いていますけど・・・。
ところで、同じネタを書いていてもコメント欄の雰囲気がブログによって全く違うのが面白い。
結局「けなし」によって形成された議論は質の高いものにはならないってことを証明しているような感じがする。・・・ココもね。

投稿: 通りすがり | 2005/08/09 21:42

こちらはR30氏が思っているような者ではない。郵政民営化に反対も賛成もしていないが、法案の内容が駄目だという立場である。この立場は民主党に近いかもしれない。そもそも賛成反対を決めるような問題ではない。そういうどうでもいいことはサンデープロジェクトにでも任せておけばよい。
だいたいコメントひとつでうろたえる必要もないだろうに。こちらは参院は通らないと予想していたから茶化しでコメントしていたに過ぎない。何を鬱になっているのかな?
まあしかし残念ながらこのように政局に後から理屈をつけて少数の人物の意図に帰していくような記述は大変ミスリーディングであると言わねばならない。政局には偶然による部分が極めて大きいのであって予測などできるものではないが、記述はそのまま行為文となって時局に影響を与えるということに留意しなければならない。

投稿: 普通って何? | 2005/08/10 03:08

論旨がずれるかもしれませんが、何年も議論して結論を得たり、意見集約が出来ない『会議体』としての国会って、一体何なんでしょうね。結論も導き出せない会議体自体が議論に挙がらないのが不思議でしょうがないですね。

投稿: ノートリアス | 2005/08/10 10:06

>民主党って郵政民営化反対なんて言ってましたっけ。
>「今回の郵政民営化法案には反対」って話が多かったような気がするんですが。

じゃあ、対案だせば?
ださなかったんですから、こんな逃げはなしね

改革嘘付き民・党!
選挙スロ一ガンはこれね

投稿: mK | 2005/08/10 15:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16309/5375880

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政解散は「叡山焼き討ち解散」か?:

» 「1票の耐えられない軽さ」(構造改革/郵政民営化などについて) [0 1/2 ]
2005/08/08 更新 「エリート待望」 ~大増税時代のプラス [続きを読む]

受信: 2005/08/09 12:16

» 郵政解散ねえ。 [ビバ!ダイナミックBlog@おたく鍋]
正直郵政民営化が政局になるなんて、これっぽっちも思ってなかった俺は、政治には向いてなかったんだろうなあと、例の番組にいた時代を振り返りますわ。「武力攻撃対処法案」や「人権擁護法案」辺りの方が俺にとっては、単純に興味深いことだったし。 それにしても今回の解散総選挙、地獄の選択だと思う次第。 郵政に関しては、やれ田舎も都会もないユニバーサルサービスだ、特定郵便局-自民党の票田問題だと、一向に金融や情報行政の問題など本来の議論を逸脱している段階で、いやもう…と思っていたワケだし。そういう意味じゃ「郵政... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 13:25

» お掃除選挙 [大西 宏のマーケティング・エッセンス]
まあ、不思議な国会でした。国民のほとんどは別に郵政民営化に反対しているわけでなく、議論すればするほど、骨抜きになり、どうでもよくなるのじゃないか、さっさと決めて、年金問題とか、もっと優先すべき課題に取り組んでよというのが正直なところだと思いますが、民営化....... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 20:05

» 有言実行「選挙へ逝こう!」宣言。 [motooLogue]
なんせ最後に参加した選挙と云えば、生徒会長か学級委員を決める選挙なのである、半強制的に。おそらく高校の時が最後だろうから、約15年前の出来事である。 なんせ政治に興味が無い。週末の、しかも日曜日に、遊...... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 20:58

» 解散についてあちこち見回って。 [Scott's scribble - 雑記。]
今回の解散に関するエントリーをまとめようと、いろいろ検索して目を通してみたけど、 結局皆大同小異でほとんど同じ事言ってるのでヤメにした。 で、まぁ、その大同小異をまとめるとどうなるかっつーと ... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 22:13

» 抵抗勢力強し。 [愛と妄想の日々。]
参議院本会議で郵政民営化法案否決。 抵抗勢力の力侮りがたし。 政治家というのは所詮政治村の住民に過ぎないことが判明。 景気への悪影響は誰が責任取るのだろう。 [続きを読む]

受信: 2005/08/09 23:10

» 衆議院が解散して… [(私的)にぅす解読]
というわけで、郵政民営化法案の参議院本会議での否決を受けて衆議院が解散したわけで [続きを読む]

受信: 2005/08/09 23:24

» あれよ [生存適者日記]
という間に解散ですか。 中身はないけど事態はよく動きます。小泉さんの最大の業績は人々の関心を曲りなりにも政治に引き付けた、ということになりそうですね。 しかしまあ、R30さんのおっしゃるようにhttp://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/08/yusei_a999.htmlこの解散、郵政法案を利用した一種の「ふるい」、スクリーニングを企図して行われたという見方が正しいように思います。 ただ問題は、スクリーニング条件がホントに正しいの?ってとこですかね。ま、いわゆる「郵... [続きを読む]

受信: 2005/08/10 01:51

» この衆議院選挙は・・・ [My way, your way, any way]
この衆議院選挙、わかっていることは一つ・・・ 都市部vs.地方 ということ。 地方の郵便局に関して、不安に思われていることは、郵便局がなくなるーーーーってな話。これは郵便貯金がなくなるとか切手が買えないとか等くらいでしょうか。 JRやNTTをみてもわかるとおり、郵便局はなくなったとしても、郵便業務は地方でもなくならないし、郵便貯金がなくなることはない。無駄な公務員の数が減るだけではないか? また、スーパーカブに乗って数十万円もしくは数百万円運んでいる公務員の存在は盗難の危険に直面するわけで、そう... [続きを読む]

受信: 2005/08/10 03:57

» 自民党の政治システムと郵政民営化と小泉純一郎 [FIFTH EDITION]
今回の総選挙においては、 すでにブログ界でもかなりの話題になりつつあるが、 ここで、この選挙が、 本当に大きなものであるという事を 僕の意見として述べておきたい。 最初に述べておくことだけれど 郵政民営化、道路公団民営化という 二つの政策の真の狙いは、 田中角栄..... [続きを読む]

受信: 2005/08/10 05:25

» 自民党ベッタリの日経に騙されるな(郵政解散ではない) [時事を考える]
首相「自公で過半数割れなら退陣」とのこと、記事には「今回の解散は郵政解散だ。民営 [続きを読む]

受信: 2005/08/10 11:11

» 郵政解散決定!!(中曽根家の私怨) [時事を考える]
たった今郵政民営化法案が反対125票対賛成108票で否決されました、小泉さんは当 [続きを読む]

受信: 2005/08/10 11:13

» 大掃除選挙 [Gajyu]
 下手なワイドショーのコメンテーターの話より最近はブログのほうが面白い。  ここ... [続きを読む]

受信: 2005/08/10 17:43

» テロを警戒せよ(Xデーは9月5日(月)朝) [時事を考える]
衆議院議員選挙がくしくもニューヨークの米国同時多発テロ、911から丁度4年後の2 [続きを読む]

受信: 2005/08/10 20:40

» なぜ、造反組は新党を結成しなかったのか? [R_STYLE_NEXT]
 小泉首相は今回の解散で、郵政民営化法案に反対した議員に対して、対抗馬を当てると宣言した。  昨日も小林興起氏が出馬する東京10区に小池百合子環境相を、また、憶測の段階だが、亀井静香元政調会長が立候補するだろう広島6区に竹中平蔵郵政民営化担当相をあてるとの話...... [続きを読む]

受信: 2005/08/11 18:18

» 自民党の政権公約が気になるところ [時事評論@和の空間]
 自民党は近く政権公約をまとめる。どんな政権公約になるのか非常に気になるところである。 郵政法案の成立はいいとして、ほかの法案はどのように考えているのだろうか。国民にとっては複数のセット・メニューのなかから一つを選ぶ(すなわち政党を選ぶ)ことになるのだから、セット全体と... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 02:41

» 踏み絵何の絵 [生存適者日記]
あれよという間に解散ですか。 中身はないけど事態はよく動きます。小泉さんの最大の業績は人々の関心を曲りなりにも政治に引き付けた、ということになりそうですね。 しかしまあ、R30さんのおっしゃるようにhttp://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/08/yusei_a999.htmlこの解散、郵政法案を利用した一種の「ふるい」、スクリーニングを企図して行われたという見方が正しいように思います。 ただ問題は、スクリーニング条件がホントに正しいの?ってとこですかね。ま、いわゆ... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 04:08

» 郵政解散 [SHIMADA-NEWS]
今日は東京です。暑い!営業所にくるだけで汗だくになってしまいました。メールをチェックすると久しぶりに目に停まった小泉内閣メールマガジン [続きを読む]

受信: 2005/08/17 13:01

» 小泉さんって信用して良いのかな? [タマモノレール]
郵政民営化についての発言。 小泉さんを信用して良いか心配だ。(でもどーでも良いのかも)なぜか。 僕が小泉さん(とその仲間たちを)エライと思うのは、シンプルにしてわかりやすくしてくれたことだ。「郵政民営化賛成なら、こっち。反対ならこっちに投票すればよいの....... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 11:15

» 郵政ぶっ潰れ解散!面白くなってきた! [D.D.のたわごと]
いや,唯一心配していた株が下がらなかったんで, 大歓迎ですw,解散総選挙! 小泉純ちゃんが改革の柱としていた 郵政民営化6法案が参院で否決され,衆院が解散・総選挙へと 突入することになりました! もう1ヶ月近く前に『たかじんのそこまで言って委員会』で 三宅じいさんが「通るわけない」と断言して以来, それまでどのマスコミも可決か否決か「全く読めない」 だったのがじわじわと「否決が既定路線」的方向へ傾いていきました。 �... [続きを読む]

受信: 2005/08/19 22:51

» アンケート(郵政民営化&郵政民営化法案) [一誠館〜日々の戯言〜]
この前「郵政民営化法案と郵政民営化」について書いたのですが、マスコミの報道を見ると郵政民営化の賛成か反対のみで郵政民営化法案の賛成・反対について触れるところがほとんどありません。 今回反対したのは郵政民営化法案であり、郵政民営化ではありません。しかし、....... [続きを読む]

受信: 2005/08/21 23:14

» 郵政民営化の政治的な争点 [[R] Richstyles!]
今回の解散総選挙について色々と議論されているが、政治的な争点を自分なりに整理してみた。今回の解散は戦略的に優れた小泉首相に軍配が上がる。しかし、これは現時点の話しであって選挙が開催されるまで分からない。 少なくとも支持率は現在上昇している。 読売新聞社は、17日から19日にかけ、衆院選に関する全国世論調査(電話方式)を実施した。その結果、小泉内閣の支持率は53・2%で、衆院解散直後(8、9日)に行った調査より、5・5ポイント上昇した。  不支持率は34・1%で、前回調査より8・2ポイント減った。郵政... [続きを読む]

受信: 2005/08/26 01:20

« iTunesMusicStoreにがっくり | トップページ | 投げ銭システム、実装してみた »