« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/22

米国議会が荒れると日本がデフレの津波をかぶる

 最近ブログを読んでいる友人と飲んだら、帰り際に「うんこに負けないようがんばれ」とか不思議な激励をされてしまった。ところでうんこさんは最近コメント欄からごぶさたしちゃってるけど、元気なのかな。畑の除草や害虫駆除で忙しいのかしら。何にせよご健勝をお祈りするばかり。

 ところで昨夜の人民元切り上げだけど、ニュースを聞いたときから気になってしょうがないのが、2%の切り上げ幅じゃなくて「通貨バスケット制への移行」という話。定食についてくるお漬物みたいにしれっと出てきたんだが、これって結構重要な話のような気がするんだが誰も何も言わないのかな。

続きを読む "米国議会が荒れると日本がデフレの津波をかぶる"

| | コメント (10) | トラックバック (6)

2005/07/21

テレビ番組のアフィリエイト、何で誰もやらないの?

 ずいぶん前の話になっちゃうのだけど、そろそろ自分的に時効だからいいか、みたいな感じになってきたので書いてしまおう。最近、民放が相次いでネット映像配信をぶち上げていて、今日もTBSがツタヤとなんかやるぞみたいな発表をしていたわけだが。

 TBSとツタヤがタッグ--番組のDVD強化後、ネット配信はイバラの道(CNET Japan)

 この提携自体は、単にこれまでパッケージソフトの自前流通チャネルを持たなかったTBSが、CCCと共同でレンタルやセルDVDを流通させまっせ、という話に過ぎなくて、まあそれは可もなく不可もなし。僕が「何だかなあ」とクビをひねりたくなるのは、やっぱりその後の「ネット配信」あたりの話である。

続きを読む "テレビ番組のアフィリエイト、何で誰もやらないの?"

| | コメント (5) | トラックバック (10)

2005/07/17

環境が無敵のポジショニング軸になる日

 3つ前のエントリで自動車業界の話が出たので、クルマネタをもう1本。

 今の国内自動車業界の話題と言えばとにかく8月のレクサス上陸でもちきりなわけだが、その中でもトヨタ以外の各社が一番衝撃を受けているのがこちらのブログで語られているような話。つまり、2006年にもレクサスで販売する全車種にハイブリッド・エンジンが搭載されるらしい、というものだ。

続きを読む "環境が無敵のポジショニング軸になる日"

| | コメント (7) | トラックバック (6)

2005/07/16

そういえばモヒカン族って…

 こちらのテストをやってみたのですが、わたくしめは「非攻撃的モヒカン族」であるという判定が。

 ところで、モヒカン族って何なんですか?パプアニューギニアの山奥にいるインターネットユーザーのこと?

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005/07/15

SBMってオーソライズ機能にならないのかな

 昨日は久しぶりに1日のPVが1万に届きそうだった。ブログニュースサイトを意識して見出し立ててみたからなんだけどね。ところでリファラを見ると2%ぐらいが「http://www.ameba.jp/」から来てるんだけど、アメブロのトップページって、どこにもこのブログへのリンクなんか張られてないし、いったいなぜこんなに飛んできてるのだろう。

 それはともかく、僕と同様に最近更新頻度が落ちているParsley氏のブログからこんなトラックバックをもらったのだが、それを読んで結構考えさせられた。

続きを読む "SBMってオーソライズ機能にならないのかな"

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2005/07/14

ひさびさの大型ブログサイト登場

 ぼーっとしていて1週間も気がつかなかった。不覚でした。毎週3回、こっそり楽しみに読んでいるメールマガジン「日経ビジネスExpress」の一部が、ついにブログ化。

 2005東京国際自動車会議コラム

 通常はメールで配信されてくるコラム2本(池原照雄の「最強業界探訪―自動車+α」、浜田基彦の「走る、曲がる、止まる」)に加えて、スタイリッシュなフリー月刊誌「ahead」の若林葉子副編集長、日経ビジネスの石黒千賀子編集委員の新装コラム2本を加え、なんと4本のコラムが毎週タダで読めるという、超ぜいたくな期間限定サイト。

続きを読む "ひさびさの大型ブログサイト登場"

| | コメント (1) | トラックバック (3)

やっぱりそうだったのかニュース

 R30久しぶりの下ネタです。読んでいるだけで妄想大爆発、考えるだけで顔がにやついて止まらなくなるビジネスニュースを発見。

 オカモト、イチジク製薬を10月に完全子会社化(NIKKEI.NET)

 近藤さんの会社が浣腸薬の会社を買収。その理由は「オカモトは男性用避妊具を製造販売しており、イチジク製薬の取り扱う浣腸薬と販路が共通。卸の共通化などで営業・物流の効率化などの相乗効果を狙う。」

 販路が共通
 販路が共通
 販路が共通
 販路が共通

 や っ ぱ り か ! ( 爆 笑 )

続きを読む "やっぱりそうだったのかニュース"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/12

連邦制チェーンストアの可能性

 3年以上前から業界内でくっつく、くっつくと言われていた3社がとうとうくっついた。周到な準備のうえでの、見事な統合でした。

 ホーマック・カーマ・ダイキ、経営統合を発表(NIKKEI.NET)

 来年9月に37都道府県に524店舗を擁する、売上高4330億円のホームセンターチェーン「DCMJapanホールディングス」が登場、と。持ち株会社になるのは、これまで3社+三井物産の合弁で作った共同仕入れ会社。これまで1位だったカインズが2006年2月期末で約150店舗、売上高3000億円の見通しだから、売り上げ規模だけで見れば2位をはるかに上回る圧倒的なトップが登場ですな。

続きを読む "連邦制チェーンストアの可能性"

| | コメント (9) | トラックバック (3)

2005/07/06

トップニュース2件に簡単な感想

反対37票 読み切れず 『郵政』薄氷の通過(東京新聞)

 久しぶりの国会メークドラマだったわけですが、肝心の小泉首相があまりいきり立ってないからつまんねーの。ちなみに参院は大荒れ、とか下馬が騒いでますが、意外にあっさり通過するんじゃないの、という予想を7月5日の日記でかんべえ先生がおっしゃっています。僕は政治のことは門外漢でようわからんけど、普通に考えたら「通さない」っていう選択肢はないだろ。

続きを読む "トップニュース2件に簡単な感想"

| | コメント (22) | トラックバック (5)

2005/07/05

使用期間の長い商品選びの鉄則 ――リフォームビジネスを考える その1

 最近、新聞の社会面やらワイドショーやらでしきりと悪質リフォームの話をやっているみたいですね。てゆーかあれって朝日ソーラーとか光通信とか在宅パソコン内職とか、そうゆう過去に累々と積み重なった消費者生活センターネタと何が違うんですかね。たぶんパターンとしては何も違わないんでしょ。まあ、物忘れの激しいお年寄りにとっては有益な情報かもね。

 リフォーム詐欺のニュースなんかより、リフォームについて本当はもっと大事な議論があるだろうにと思うのだが、たいていテレビ系のマスコミ(除くNHK)というのは不易的に重要な話というのは流さない。彼らにとって「大事」な話というのは流行の話だからね。

続きを読む "使用期間の長い商品選びの鉄則 ――リフォームビジネスを考える その1"

| | コメント (18) | トラックバック (5)

2005/07/01

経営者は何によって記憶されるか――追悼・小倉昌男

 ヤマト運輸元会長の小倉昌男氏が昨日、死去した

 経営者というのは、何によって記憶されるのだろうかと考える。もちろん、経営者と言う職務の本来的な役割は事業活動を通じた社会のイノベーションである。巨大な事業を興した人やその後の社会になくてはならない基盤となるようなイノベーションを生み出した人は、間違いなく永く人々に記憶されるだろう。

続きを読む "経営者は何によって記憶されるか――追悼・小倉昌男"

| | コメント (5) | トラックバック (8)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »