サラリーマン経営はオーナー経営より強し
Main
AdobeとMacromediaはXMLの夢を見るか

2005/04/19

青梅についてのあれこれ

umeboshi このブログの来訪者の検索エンジンキーワードで、いつも上位に入っているのが「ローストビーフ」である。昨年12月に書いたエントリが原因なのだけど、確かにGoogle先生に「ローストビーフ 作り方」と入れて検索すると3位に出てくる。最近増えているのが、「水出し紅茶」。こちらも5位。でもこういうの、何かちょっと嬉しいよね。

 で、またグルメ話に振ってしまうのだけれど、今日は梅干しの話。昨年も5月に梅の話を書いた。個人的にはまだ根に持っている話なので、その時のエントリを引用しておこう。

 うちの実家は毎年自家製梅干しを漬けることになっていて、特に大量の梅を洗って拭いたり、赤紫蘇を揉んだりする作業は重労働なので、僕も小さい頃から手伝わされてきた。で、独立した今でも必ず毎年10kgの梅干しを漬けている。

 かつては家の近くの八百屋で母が青梅を買ってきてくれたのだが、独立してからあちこちのスーパーなどで仕入れようとしたものの、10kgというのはどうも一般には並大抵の量ではないようで、梅も紫蘇も店にあるものを全部買い占めてもまだ足りなかったりする。それで、ネットでいろいろと仕入先を研究するようになった。

 最初に梅干し作りの情報で頼りにしていたのは、知る人ぞ知る超有名サイト、荻窪の鈴木青果店。最近でこそあちこちに増えたが、梅干しの作り方や梅加工品に関する情報では、ここが最も詳しい。このサイトが確か3~4年前から、自家製梅干しだけでなく、南高梅の産地、和歌山県南部川村の農家と提携してネットで青梅の販売を始めた。僕もその頃からネットで青梅を仕入れるようになった。

 ネットで青梅を仕入れるメリットは、スーパーなどで買うのに比べて、いくつかある。

(1)量をまとめて買える
 うちは10kgとかいっぺんに漬けるので、1~2kg単位の袋で売っているスーパーの青梅では持ち運びしにくいし、量も間に合わない。粒の揃った梅を段ボールでまとめて自宅まで送ってもらえるのは、非常に助かる。

(2)農家の直販なので小売り価格より安く買える
 小売りで買うと、特売でも1kg800円以上は確実にする。ちょっと気を緩めると1kg1200円とかになる。でも農家からの直送だと、その3分の2から半分近くにまで落ちる。たくさん買う身としては、10kgまとめて半額になれば、送料を1000円乗せてもまだずっと安い。

(3)追熟のタイミングを考えなくてもいい
 子どもの頃は、段ボールに入った青い梅が黄色く色づくまで、自分の部屋に置いて、部屋いっぱいに広がる梅の香りを楽しんでいた。これはこれで良いのだが、サラリーマンになってみると、ちょうど土日に熟し切ってくれないと漬け込み作業が大変になってしまう。ネットで買えば、週末に日時指定して届けてもらった完熟梅をすぐに漬けられる。

 といったわけでネット仕入れを使うようになったのだが、今年もさあそろそろ予約しておくかな、とウェブを探してみて驚いた。南高梅の青梅の価格が、どこもほとんど同じになっているのだ。取り決めでもしたかのように、どこも1000円/kg+消費税に揃えられている。なんだこりゃ??去年までは楽天で「青梅」と検索したら、いろいろなサイズ、価格の梅があちこち出てきたのに(ちなみに去年僕が買ったのは、税抜きで10kg8000円の梅だった)。

 おかしいな~と思いながら検索していると、昨年は見なかったサイトを発見。「JAみなべいなみ」とその直営ネットショップ@楽天である。HPにある概要を読むと、どうも昨年4月に、印南町・南部川村・南部町という、南高梅の主生産地3町村のJAが合併して発足したらしい。そこの青梅の販売価格が、10kg10,500円となっている。HPのトップページには「ネットショップ再開しました」の文字が。

 試しにGoogleで「南高梅 青梅」を検索してしらみ潰しに当たってみたが、南部川・印南地域の農家でこの価格以下で青梅を売っている店は、楽天内外を含めて存在しない。一部売っていたらしいところは、既に「予約完売しました」の文字が表示されている。まだ連休が明けたばかりなのに、そんなにすぐに完売するわけないだろ!!

 ちなみに昨年青梅を仕入れた楽天最大の梅農家の店のページからは、青梅の販売のページが跡形もなく消えている(配送説明などのところには、「青梅を送る際には~」といった表記がまだところどころ残っているが)。

 …あくまで推測に過ぎないが、これって“カルテル”なんじゃないの?JAさん、直営でネットショップやるからって組合員の自主流通を規制しちゃいかんでしょうが。ひどいなあ。 

「さて、青梅の季節ですが…」(05/14/2004 03:56:15 PM)
 …というような話が昨年あったわけだ。さて今年はどうなのかなと思ってひとしきりネット内を巡回してみたが、やはりJAみなべの影響下にある梅関連のネットショップは、今年の南高梅の販売価格を「1kg=1400円以上」ということで価格協定を結んでいるようだ。

 上の記事中で紹介した荻窪の鈴木青果店のサイトを見ると、2003年が1kg=1100円、2004年が1200円とじりじり値上げ方向に動いている。今年あたり、JAみなべ協定価格の1400円にさらに近づくのではないだろうか。

 昨年に続き、今年も僕は和歌山県南部川地区ではなく、もっと安い奈良の農園のネット販売で購入することにした。とはいえ、こちらも今年は10kg6400円と、昨年に比べて400円の値上げ。今年はオイシックスなども奈良産の青梅を扱い始めたようだが、価格はじわじわとJAみなべの設定した価格帯に収斂しつつあるようだ。

 僕のように、10kgまとめ買いで漬けたいからキロ600~700円で寄こせなんて文句を言い出す人は、もうごくわずかしかいないのだろうね。しかも、うちも実家が梅干しをあまり食べられなくなってきたようなので、専ら自家消費のみになってきた。しばらく、毎年10kg漬けるのを止めるかなあ。それとも、漬けた梅干しを「余りました~食べ切れません!欲しい人に譲ります」とか言いながら、このブログ上で売ってみようかしら(笑)。

12:37 午後 グルメ・クッキング

 TrackBack URL:: http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16309/3765147

TrackBackList::青梅についてのあれこれ

Comments

うちは庭がないので梅干なんて干せませぬ。ぜひ売ってほしいです。梅酢にひたひたに浸かった状態で。

POSTED_BY:jiangmin @2005/04/19 15:23:26

まだ花が散ったばかりなのにもう値を決めてるのかw
今年は春が遅いのでたぶん梅は豊作になりますよ。
市場から乖離していないのであれば価格も下がってくるのでは。

POSTED_BY:Cyberbob:-) @2005/04/19 15:44:29

梅ジュースはつくらないの?

となりのおばaさんが、梅干し、梅酒、梅ジュース、梅酢とね、
様々を作る課程を見せていただいたり、
またできたものをいただいていて。

ワタシもいつかやりたいなぁと。

で、一番やってみたいのは、
ただ、海水に漬けて、それをガリガリの干す。
それを刻んで食塩代わりに料理に使うこと。
大昔は、そうしていたらしい。

POSTED_BY:野猫 @2005/04/19 16:47:41

>荻窪の鈴木青果店
超びっくり! セガレの友達の家のすぐ傍です。
あそこって、そんなに有名だったんだ…。
ちなみに、その近所には蜂蜜で有名なラベイユがあります。
そういえば、梅干を漬け込むとき、蜂蜜を入れる方もいたような…。
脇道な話で失礼しました!

POSTED_BY:ミズタマのチチ @2005/04/19 17:28:03

紀州にかぎらず、今年は多分高いですよ。
昨年の台風の影響で、塩害がひどかったり、根が浮いてしまったり。

つっても、キロ1000円が、高いかあ?と思ってしまいます。
梅ちぎり、ご自分でされたことあります?梅林の手入れ、どういう手間が掛かっているのか、ご存知?
梅に限らず、農産物は自然と生えてくるわけじゃないですよ。

POSTED_BY:やおや @2005/04/19 18:00:55

豊作なのか、不作なのか、いったいどっちなんだという感じですが(笑)>Cyberbob:-)さん、やおやさん

しかし、そのへんの作況の影響は除くとしても、数年前までキロ700~800円で買えていた南高梅が、今年はその2倍と言われてもにわかには納得いきませんがな。http://www.pickled-ume.com/shop/price_log01.html

もっとも、最近は梅栽培する農家も減っているみたいだし、ここ数年中国産の梅が大量輸入されて国内市況が荒らされていたというのもあったみたいだし、農家に同情する余地がまったくない、とまで言うつもりはないですけど、それにしても2倍っていうのはどうかと。一方で今もキロ600円あまりで売っている農家だっているわけですし。

POSTED_BY:R30@管理人 @2005/04/19 18:18:51

 ㌔1000円で高いと思ってるアホちんが必死の値切りを画策するスレはここでつか?

 勝手に生ってる梅なら捨て値で結構かもしれんけど、事業農家としてやってるなら㌔1000円は相当な捨て身価格だろ。
 ぶっちゃけ最低㌔2000円(できればそれ以上)で売りたいのが本音かと。
 梅消費量が現状の2~3倍になるなら、現行価格でもいいけどね。

 カルテルとか寝言こいてるヒマがあるなら1年でいいから農村に滞留してみ。㌔5000円で売りてぇぇぇぇ~みたいなすっとこエントリー上げたくなるから。

POSTED_BY:うんこ @2005/04/19 18:22:31

 今迄○○円だったじゃーん。据え置きしろよー。という言い分もわかんなくもないけど、今の今までそれやっちゃってるから商売としての旨味がなくて後継者不足で農村あぼーんという現実もあったりするんですけどね。
 値上げ路線はむしろ当然で、いまのいままで呑気にやらなかったほうが問題。都会の皆さんは農村の皆さんの優しさで生きてるんですよ。こと食料に関しては。

POSTED_BY:うんこ @2005/04/19 18:25:39

国内産農産物の価格競争力を付けるために行政が打てる手として必要なのは兼業農家化支援政策なんでしょうかね。
とはいっても具体的にはわからないんですけど。
農業以外での収入の道を探させないとコスト高に繋がるでしょうし。
安い外国産農産物とは競えないのでは?

POSTED_BY:█░█▓さん @2005/04/19 19:42:18

 兼業農家を支援したら価格競争力は維持できるかもしれないけど、そのぶん国庫負担が増えるし都市部貧困層からねたみの声が上がるから、現実的に無理でしょ。
 だいたい過去数百年(最低でも200年以上)農業やってる真性農民を支援するならいいけど、いまどきの農民なんてマッカーサーの鶴の一声で棚ぼた自作農に成り上がったような手合いが殆どだから、そんなのに金銭的な支援をやっちゃったら付け上がって遊び呆けるのが関の山。
 儲けの有無を度外視してでも先祖代々の土地だから守り抜くって手合いじゃないと、農業に身を入れるわけが無い。で、逆に言えば、そういった手合いはどんなに貧困してでも真っ当に農業やり抜くから、補助する意味が無いw

 まーぶっちゃけ、戦前に小作だったり愚民だったりするような手合いはおとなしく農地返上して昔に返れボケいまならサラリーマンでもそこそこ出世できるし昔のことを思えば相当恵まれてるよ分限を弁えろってところでしょうかね。

 猫にやった小判を取り返す季節ですよ。

POSTED_BY:うんこ @2005/04/19 20:13:19

>そういった手合いはどんなに貧困してでも真っ当に農業やり抜くから、補助する意味が無いw

してやってくれよw

すくなくとも、まっとうに頑張っている人間が、飯を食えない社会は、社会のほうがまちがっとるばい!!と酒の力を借りて筆をすべらしておきます(笑)

POSTED_BY:やおや @2005/04/19 20:39:07

>>やおやさん

 真っ当な農民がどうこう以前の問題として、真っ当な人間なら「補助金を戴く=乞食」と考えるのが普通では? 乞食なんか、好き好んでやりたかないですよ。
 都会に住んでる貧しい人たちが、「私たちは貧しいんだから補助せよ」って声を上げたらどうなります? 少なくとも「なんか手に職つければ?」くらいは言うでしょう? で、手に職が憑いたなら、自分でゐ㌔よ、でしょ。それが、人の道。農民に限らず、真っ当に生きてる人はそうやって自活しますし、その帰結として貧困なら、そりゃしゃーないと諦めるでしょ。
 そこに補助金云々の話を持ち込むのは、親切のつもりでも結果的に悪魔の囁きにしかならないと思います。

 まぁ、農民さんが貧困なのは単に販売チャンネルを持ってない(ある時期まで農協など親方日の丸におんぶ抱っこだったツケ)だけのことですから、自滅やむなしなんじゃないでしょうか。

 ちなみに我が家は500年近く(菩提寺が焼けたので過去帳は300年まで)延々続いてる貧困農家ですが、少なくとも、乞食にだけはなりたくないですねw 自分のことは自分で何とかします。事業農家として繁盛しなくてもいいから、最低限、親族を養うくらいのことは石にかじりついてでもどうにかしますし、事業その他で土地が必要だ云々という話の流れになるなら、大人しく国に返上する気でいますよ。それが「職業農民」としての勤めでしょ。僻地に7反(2000坪)ですから、いらないでしょうけどw

 っていうか、土地=自己財産、みたいなふざけた考え方してるやつって、大概農地改革以後の棚ぼた地主なんですよね。愚民根性丸出しってやつ。土地は天下万民のものっていう基礎認識から欠如してる、どうしょうもない手合いですよ。

POSTED_BY:うんこ @2005/04/19 21:43:35

ところで、Google先生に「R30」といれて検索すると3位なのはいかがなものでしょう?

POSTED_BY:通りすがり @2005/04/20 0:23:57

郵政改革が終わったら農協改革なよかーん。だから真っ当な農家くらいこの先生きのこれる下地を整備しとけと。

POSTED_BY:ねえ @2005/04/20 1:16:10

>>R30さん
今年はヤフオクにも注目w

つーか、作物の中でも梅はボロい印象があるな。
味は酸っぱけりゃいいし、管理は少ない。

POSTED_BY:Cyberbob:-) @2005/04/20 6:37:17

都市周辺地域だと、土地対策で、
生産するつもりがないのに、梅を植えているところがあるので、
その持ち主と仲良くなって、
タダか、お礼のお菓子程度で貰うとか。

POSTED_BY:野猫 @2005/04/20 9:00:09

実家に4本の梅の木があって、
毎年豊作、不作の差はありますが、梅の実が採れます。
足りない分は買い足して、毎年実家で作ってます。
田舎のせいか、そこら辺の八百屋で5Kg、10Kg単位で普通に買ってきますけど、都会では違うんですねー。
以前自分のために詳細な作り方を母に聞いてメモっておきました。
http://www.mnet.ne.jp/~amiami/column56.html
これで(我が家にとっては)おいしい梅干しが出来あがってます。
母の指導のもと、いつも肉体労働の部分を担当させられております。

POSTED_BY:亜巳 @2005/04/20 10:34:12

紀州の南高梅は自然に落ちてくる梅を取るから、あんじょう熟しているんやのし。
紀州は梅を枝からちぎったりは、せぇへんのやのし。

紀州の南高梅は果肉が大きいて最高やけど、それなりのやったら紀州だけやないから、
例えば群馬の榛名とかにもあるんやのし。


POSTED_BY:くり @2005/04/20 12:03:01

> 真っ当な農民がどうこう以前の問題として、真っ当な人間なら「補助金を戴く=乞食」と考えるのが普通では?

そうか、俺はまっとうではないのか(わらい)

>豊作なのか、不作なのか、いったいどっちなんだという感じですが(笑)>Cyberbob:-)さん、やおやさん


R30の中の方、コメント欄であそんでてすんません。
いったいどっちなんでしょうか?神のみぞ知るところでしょうか。いや、こないだうちの梅林を見に行ったらえらいことなってましたし、龍神村のおっちゃんもえらいていうてたし、ということです。

いっそ、この際梅の先物市場を作りましょうや(笑)

POSTED_BY:やおや @2005/04/20 16:49:49

紀州南高梅しかも南部町は知名度が非常にあがっていますので価格も上がって当然ですね。ブランド好きかあるいは本当にそこの梅が好きな人だけが買えば十分でしょう。奈良県はお買い得ですよ(笑)

POSTED_BY:スープ @2005/04/20 19:17:28

Post a comment