ブログがソニーの社長候補のクビをとばした件について
Main
世紀の大発明、ステルスコメントスクラム

2005/03/08

祭りの場を面白くするネット左巻きの剽軽 [ブログ時評13]

 ブログの世界を中心に時事問題への議論を収集して4ヶ月余り、ブログに左巻き的言論人の参入が相次いでいるのに、2チャンネラに囲まれての炎上ばかりで由緒ある左翼発言がほとんど無いことに驚いている。NHK・朝日問題に関連して、在米研究者の卵による「むなぐるま」は「日本ではリベラルブロガーのハブはないのだろうか」と問いかけて話題になった。私の立場からは炎上しない朝日系の記者サイトこそ教えて欲しい。「ブログ時評」の「公論の場を貧しくするネット右翼の病理」が「ネット右翼では『右』を代表することは出来ないと早く気付くべきだ」と指摘する頓珍漢に近い。

 「ネット右翼」と目される集団が押しかけ、多数のコメントの山を残した「小倉秀夫の『IT法のTop Front』」では、ネット右翼というものがあるのなら自分こそと名乗ってみて、との趣旨の呼びかけがされたものの、切込隊長に華麗にスルーされたようだ。ネット上で主に対米国、対NHK、対切込隊長関連でアナクロ左翼的言辞を並べている朝日ブロガーの立場には共通点がある。「自分はノンポリ。ピンクがかって見えるのは、あなたが緑だからでしょう」といった感覚。そして、読者のコメントを強制削除し、トラックバックを打ってきたブログを「Googleでの検索が足りません」などと見下して、昔ながらの信者グループとだけ集団を作って居心地の良さに納得している。

 中国を誇る、社会主義への真っ直ぐな思いを貫いている――信者集団の光景は第2次インターナショナリズムに極めて近い。G7サミットでテレビ中継が始まった瞬間に、コイズミ・ブッシュ・クタバレに切り替わってしまう心情である。どちらも、地上の理想国家建設という夢が生まれるメカニズムは共通している。国連という脳内共同体の一員として、北の将軍様の抱える貧しい人々の幻想にバーチャルに共感し、米帝覇権主義を意識する場面だ。「ブログによるコメントスクラム」を非難するスタンスも同じである。このメカニズムで生まれた左巻き的思考である限り、目を転じて国際政治の現実に対処する思想を持たない。国内に向かっては「謝罪と賠償」で一致していても、外交の論理は支離滅裂だ。

 大政翼賛会が磐石だった時代、最初から存在しない民衆の代表に代わって朝日新聞がファシズム政権擁護の柱だった。今、プロ市民、労働組合を含めてリベラルが群衆動員のモデルを見失い、攻め手の朝日新聞も取材を録音したテープさえ提示できない。こんな時代だからこそネット上にお祭りの場を造りだす意味が大きいと考えているが、ネット左巻きでは「リベラル」を代表することは出来ないと早く気付くべきだ。惰性に任せては先行きが見えない社会を変えるために、時には謝罪と賠償も必要と左巻きの立場で考えたら、相当に巨額の税金を取り立てて投入せねばならない。ネット右翼の立場ならニート・ヒッキーのためにお祭りするくらいでも笑いは取れる。現政治状況に当てはめると、村山元首相なら、不肖の後継者・福島瑞穂氏の党職員首切り路線に忸怩たる思いをしているはずである。

 :マジでどうでもいい。つかメディア人だったらガ島通信について一言ぐらいコメントしたらどうか。当事者意識のないやつめ。

09:24 午前 日記・コラム・つぶやき

 TrackBack URL:: http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16309/3217593

TrackBackList::祭りの場を面白くするネット左巻きの剽軽 [ブログ時評13]

ブログでの祭りとか炎上とかについて。 トラックバック 不倒城 @2005/03/08 11:40:28
ふーむ。どれだけ客観的に読めるか、正直あまり自信はないが。 「R30」様より。元ネタと併読してみて、「炎上」というキーワードに反応してみる。このアレンジに関し... 続きを読む

ブログ時評におけるネット右翼論に疑問を呈する トラックバック 若隠居の徒然日記 @2005/03/08 12:06:10
ブログ時評もネット右翼を問題に取り上げられました。 公論の場を貧しくするネット右翼の病理 [ブログ時評13] ブログ時評でも取り上げられている、「リベラルの... 続きを読む

団藤さん…それはちょっと…。 トラックバック 愛と妄想の日々。 @2005/03/08 12:42:14
いくらなんでもこのエントリーは釣りだと信じたい。 公論の場を貧しくするネット右翼の病理 [ブログ時評13] ネット右翼なんてものは存在しない。 そ... 続きを読む

特定の記者ブログ集団の巡回は欠かせない トラックバック 月ナル者 @2005/03/08 13:43:49
 二十歳の頃だったか、今より少々生意気だった私は、ものを語る際に主語を抜いて語ることで多少は偉そうに見えるのではと勘違いしていた節があった。気持ち良く理想論を語... 続きを読む

団藤さん... トラックバック 猫手企画@新聞屋 @2005/03/08 20:09:10
ヲチを決め込もうと思いましたが、「メディアってこれだから」的に一緒にされたくないので。 メディア界の重鎮ブログ時評の団藤さんが公論の場を貧しくするネット右... 続きを読む

団藤さんのスゴサについて トラックバック そんなnewsは犬も喰わない @2005/03/08 20:23:37
団藤さんとはまあ団藤保晴氏のことである。有名人だから説明の必要もないのかもしれん 続きを読む

団藤さんのご返答に賛成と疑問 トラックバック 若隠居の徒然日記 @2005/03/08 20:43:05
まずは早速のご返答、ありがとうございます。 実のところ、団藤さんがおもちの問題意識には、わたしも共感していたりします。 いくら、朝日が悪い、中国はなんだ、韓国... 続きを読む

思い出した事 トラックバック ロリコンファル @2005/03/08 23:17:50
ブログ時評の釣りエントリ「公論の場を貧しくするネット右翼の病理」… http://dando.exblog.jp/2198849/ これは凄い釣りですね... 続きを読む

日本における「保守」と「リベラル」とは何か(補足) トラックバック やじゅんの世界ブログ/The World according to YAJUN @2005/03/09 1:04:31
<この記事は2月17日に掲載した「日本における「保守」と「リベラル」とは何か」の続きです。> 霞ヶ関官僚日記(以下kanryo)さんのところで自分の政治的位置... 続きを読む

右往左往 トラックバック Dazed Days Bootleg @2005/03/09 8:15:14
最近ネット上でウヨサヨが盛り上がっていて、オレも個人的にいろいろ考える拒を得ました。ちょうど My ラヴリィの R30 さんが取り上げてらっしゃるので、ちょっと... 続きを読む

団藤保晴 トラックバック ほとけはな @2005/03/10 15:17:09
私は、書き込みしてないが、 なぜ、コメント削除するのかねえ。 これは、気持ち悪い。 朝日新聞社の構成員はこのようなものが多いのかなあ。 続きを読む

1.団藤ミサイル発射!ネット右翼論 トラックバック 週刊オブイェクト @2005/03/12 5:47:53
さて、本題たる「ネット右翼」論に入るわけですが、この言葉、使っている人達自身もよく分かっていないのではないでしょうか? 「ネット右翼」とは如何なる人達を指すのか... 続きを読む

また、朝日記者のブログが炎上!! トラックバック 蛆虫日誌@生涯一穢多 by Cybazzi! @2005/03/15 12:46:27
また、朝日記者のブログが炎上したそうです。  昨夜でぶが三国人アパートにやってきてペコちゃんを踏み殺し、取材費を持って行ってしまいました(T.T)。団藤保晴と... 続きを読む

ここが変だよブログ時評(1) トラックバック 幻影随想 @2005/03/23 19:08:09
団藤氏が最近語るネットの現状やマスメディアとの対比にすごく違和感を感じるので ちょっと書いてみようと思う。 まずは直近のエントリをいくつか並べてみる。 ・公論... 続きを読む

Comments

最近、切り込み隊長のところより、ここは凄いかも。

POSTED_BY:野猫 @2005/03/08 10:18:47

またずいぶん直接的なエントリーで。
たしかに、左巻きの方はコメントやTBの検閲削除を
ことのほか好むイメージがありますね。

POSTED_BY:自由の敵 @2005/03/08 10:31:02


団藤氏のエントリのパロディとして、
敢えて煽るような書き方してるだけでは?

つーか、笑わせていただきました。

POSTED_BY:cerbeurs @2005/03/08 10:52:18

左巻きに限らず右巻きでも、形態として合理的思考経路を排除して、自身の主義思想を肯定するための論拠のみを集めて国士ぶってる馬鹿であればあるほど、対立意見なりを削除していくのではないかと。
これはウヨサヨ問題なのではなくて、馬鹿かどうかの問題であり、馬鹿にはその思想体系の代表は務まりませんよという事なのではないでしょうか。

POSTED_BY:くれふ @2005/03/08 11:00:00

>>cerbeurs
なんだそういうことですか。
なんだか普段と様子が違いすこし違和感を感じたので
初カキコしてみたら、とんだ恥かきだったようでw
たしかにR30さんの文章にしてはステレオタイプ
すぎますものね。

POSTED_BY:自由の敵 @2005/03/08 11:45:42

このエントリは最後の注~の部分だけ読めばよろしいということですな。

POSTED_BY:mgkiller @2005/03/08 11:59:28

パロディとして「逆の立場で書いてみるとこうなるよ」というのがメイン
---こういうことも言えるよ、程度---なのか、
内容がメインだけどオチョクリとして団藤さんの文を「器」として使った
---相手の口調を使って攻撃した方が効果的---ということなのか、真意がよくわかりませんが、
いずれにしろ「本歌」との対応を守ろうとしているためか、ちょっと流れがわかりにくいような。
まぁそれは僕がバカなだけかもしれませんけど。

それにしても「左巻き」にしろ「ウヨ」にしろ、
指し示す中身を考える前に感情を刺激されるコトバですね。
「音(おと)」としての響きに軽蔑、攻撃の気持ちが込められていて、
初手から議論でなく殴り合い(っていうかツバのかけあい)モードですなぁ、どちらも。
論理の皮をかぶったヒステリーは見たくないにゃ。

POSTED_BY:E7 @2005/03/08 12:36:27

先方にコメントつけたら知らない間に削除されてましたよ……。

何でやること同じなんだろ。
こうやって信用は失われていくのに(溜息

POSTED_BY:名無しさん @2005/03/08 12:55:18

素晴らしいクリエイティビティ!
切れ味いいですねぇ。

POSTED_BY:kaim @2005/03/08 12:55:48

初めてコメント致します。

「俺様キングダム」のエントリーに意味深な事が仄めかしてあったので、「小倉秀夫の『IT法のTop Front』」2/8~2/28までのエントリーについていたコメントの山を頑張って気合いを入れて読んでみました。

......どうなんでしょう(笑)。事態を正確に把握している人も少なくない反面、表面だけの理解でうっかり偉そうなことを書いて公表すると、大変なことになるなあという感想です。

ある方から「これ以上火事を起こしてはいけません」と言われているので、これくらいで止めておきます。

POSTED_BY:K.Yamanami @2005/03/08 13:27:05

とりあえず、ひとつ。
家の辞書で「左巻き」を調べてみた。
編者に共感し、笑った。

結局のところ、戦後の反動勢力のアレとかこれとか、
そういうのがもう通用しないんだってことを左巻きは理解するべきなんですよね。

そういうことを理解できないのか、しようとしないのか、そもそも能力が無いという
問題があるのか、だから左巻きという呼び名が尊称として与えられているわけですね。

POSTED_BY:j @2005/03/08 17:44:13

お上手。

POSTED_BY:さいもん @2005/03/09 1:05:48

*****
中国を誇る、社会主義への真っ直ぐな思いを貫いている――信者集団の光景は第2次インターナショナリズムに極めて近い。G7サミットでテレビ中継が始まった瞬間に、コイズミ・ブッシュ・クタバレに切り替わってしまう心情である。どちらも、地上の理想国家建設という夢が生まれるメカニズムは共通している。国連という脳内共同体の一員として、北の将軍様の抱える貧しい人々の幻想にバーチャルに共感し、米帝覇権主義を意識する場面だ。「ブログによるコメントスクラム」を非難するスタンスも同じである。このメカニズムで生まれた左巻き的思考である限り、目を転じて国際政治の現実に対処する思想を持たない。国内に向かっては「謝罪と賠償」で一致していても、外交の論理は支離滅裂だ。
*****

私はあなたからみればかなり考え方が左巻きなのだろうけれど、あなたの考え方もそうとう病気だね。(笑っちゃった) だれが「インターナショナル」なんてこの時代に歌うものか・・・。わかってないね、ホ・ン・ト!

最近の左巻き的思考のひとはそうとう現実的ですよ。
#あなたの貧しい頭脳で想像するほど、左のひとはばかじゃない、ってことですよ。(あなたのようなひとばかりだから、北に経済制裁をしろというヒステリーになるのです)

|「ブログによるコメントスクラム」を非難するスタンスも同じである。

あれだけばかで間抜けななコメントがばかりよせられたら、だれでもああ言うよ。やってられないからね。(それにただ、彼は反撃のコメントの嵐になれてなかっただけでしょう) もう少し、考えが違うひとに優しくなろうよ。(って、私も優しくないか・・・)m(_ _)m

POSTED_BY:大澤遼 @2005/03/09 1:22:44


そんな脊髄反射な左巻きのyouのために、元ネタサイトをプレゼンツ。
http://dando.exblog.jp/2198849/

POSTED_BY:通りすがりのネット右翼 @2005/03/09 2:27:01

お見事。
くそぅ、一見で見破れなかったとは。

>最近の左巻き的思考のひとはそうとう現実的ですよ。


ど  の  あ  た  り  が

POSTED_BY:はりぼで @2005/03/09 2:27:56

きゃっきゃっ、おもれー。
流石に切込隊長にゴマすりすりしていることだけはあるぜ。

POSTED_BY:walkman @2005/03/09 3:32:07

左巻き→社会主義、と結論付けていいものでしょうか?
むしろ、「右」、「左」という言葉の限界に気付くべきではないでしょうか?
もう、この言葉には相手をレッテル貼りする以上の意味を持たないと思っています。

あと「左巻きの人がノンポリを名乗る」ということですが、右巻きっぽい人も「常識」「普通の一市井」であることを言い訳に多用します。
はっきりいってどっちもどっちですよ。
日本人は自身の意見を「中立である」ということを声高の叫ぶことによって、自己の意見の権威付けをはかることが大好きなのです。

POSTED_BY:ゆーき @2005/03/09 5:35:34

左巻きっていうのは、日本の場合、反体制主義者であったり、
外患誘致を目論む機関の使いっ走りであったりする者ですよ。

そして、左巻きという言葉の隠語は、単純な意味なのですよ。
そして、その反対の意味で左巻きがいう右巻きに関しては、特に隠語は無いのですよ。
あるとしても、それらは周回して同じ穴の狢なんですよ。

右翼と云われる者のうち大半が逆宣伝部隊ですよ。
だってそうでしょう。あんなに迷惑な騒音をまき散らして街宣活動することがイメージアップに
なるわけがないじゃないですか。そういった、あまりにも分かり易い事実の羅列があるにも
関わらず、それらをきちんと整理し理解できないとされる一般心理というものが、どちらかというと
どれだけ危険なものであるか、ということが、単純に簡単に分かる点ではないでしょうか。

で、そういった事実を踏まえていて右寄りだのと云うのであれば、まだマシなのですが、
左巻きは左巻きであるがゆえに、そういうこととかちっとも分かってないことが多くて多くて
もう、お腹いっぱいと云わざるを得ないわけです。

POSTED_BY:j @2005/03/09 17:11:34

行動右翼って、だいたいがヤクザの別働隊なのでは?
あと行動右翼が何らかの事件で捕まった時に、朝鮮名の人がちらほら目立つってのもオモロイ現象ですな。

さて、日本で「市民派・リベラル」を標榜する人に限って、よく見られる共通項を挙げておきます。
・欧米諸国の核実験には抗議しても、中韓朝のそれにはなぜか抗議しない。「きれいな核」という迷言があったが、言い得て妙。
・在日米軍・自衛隊の行動には逐一抗議しても、日本国家の主権を侵すような中韓朝の軍事行動に関してはなぜか抗議せず。
・戦時中の日本軍の行為(とくに南京事件)については声高に糾弾するのに、中国における現在進行形でのチベット弾圧や台湾への軍事的圧力・ソ連による大規模な日本兵シベリア抑留などには沈黙。
・日本の歴史教科書の内容に抗議する一方、たとえば中韓朝などは国定教科書しか無く、しかも自国政権の行動を正当化するものばかりだという事には言及せず。
・基本的に中韓朝にシンパシーを抱いているせいなのか、これらの国の文化どころか「思考形態」までも無条件に肯定する人が目立つ。しかし例えば、これらの国の衛生観念や「著作権意識」などが日本に比べてかなり低い事には、案外と無関心。
・自国の国旗・国歌である日の丸・君が代や、(対外的に)元首である天皇の存在に抗議する。反体制というよりは、「反・日本文化」な感じ。
・響きがいいのか「世界市民」という言葉をよく使うが、海外に出るときの旅券に菊の紋が載っていること・日本の旅券が海外で信頼されている裏には商社やトヨタ・ソニーなど数多くの企業が地道に海外で努力した成果が下敷きにあるといった事にはあんがい無頓着。

ほかにもまだまだいろいろ考え付きそうです。

POSTED_BY:guldeen @2005/03/09 22:03:14

なんかワラワラと涌いて出てますな!

POSTED_BY:geco @2005/03/10 4:59:49

Post a comment