« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/31

辞めさせる前に責任問えよ(笑)

 社外取締役ってのも、軽くなったものよのう。

 ニッポン放送社外取締役3人が辞任(NIKKEI.NET)

続きを読む "辞めさせる前に責任問えよ(笑)"

| | コメント (9) | トラックバック (4)

色の付いたおカネの話

 「世界で唯一、カネだけが無色透明で、フェアな基準ではないか」といったホリエモンだが、僕は97年ぐらいからずっと「おカネに色を付ける方法」のことを考えている。

 考えている内容が自分だけの仮説のレベルでしかないので、ブログでもあまり書いてこなかった。だが、たまたま今日その絡みのニュースが2つほど上がっていたので、生煮えではあるがおカネの色のことについて書いてみたい。

続きを読む "色の付いたおカネの話"

| | コメント (29) | トラックバック (9)

2005/03/30

メディアビジネスのバリューチェーン(その1)

 ベンチャーキャピタリストの梅田望夫氏がはてなの取締役に就いたらしい。こういう時にはおめでとうございますとか言うんだろうか。何と言えば良いのかよく分からないが、とにかく我が事のように嬉しいのは不思議なことだ。

 梅田氏と僕は年齢も離れているしまったく面識がないのだけれど、実は彼と僕にはある共通点がある。お互い、あるとても近しい関係だった人を心の底から尊敬していて、しかもその人から可愛がられていたのだ。しかも梅田氏がブログで書いているはてなの近藤社長に対する思いも、なぜかすごく似ている。大げさな話だけれど、何か非常に深い縁のようなものを感じた。梅田氏に精一杯のエールを送ると共に、このエントリのシリーズを僕が人生で最も尊敬していた、あの人に捧げたい。

続きを読む "メディアビジネスのバリューチェーン(その1)"

| | コメント (28) | トラックバック (13)

2005/03/29

オピニオン: 名誉毀損は竜頭蛇尾の時代

【偽GJニュース 03月29日 東京都】-前置きをまったくせずに話し始めてしまうが、湯川氏@時事通信が実況中継してくれていた大陸間弾道ミサイル先生と我らが子ども新聞生扉PJニュースの小田親分のバトルのことである。昨日15時に小田親分が上・中・下からなる迎撃ミサイル「ブログ時評という論理破たん」3部作の最終回を堂々完成した。

 そしてそのたった3時間後に、間髪入れず弾道ミサイル先生から「ライブドアPJへ:自ら出発点の欠陥を正すのが先だ」と題した、これまたいつもの居丈高調の反論エントリがものすごい勢いでアップされた。

続きを読む "オピニオン: 名誉毀損は竜頭蛇尾の時代"

| | コメント (10) | トラックバック (10)

2005/03/28

続・働く人のキャリアの作り方

 前に書いた転職話が隊長のブログで取り上げられてトラックバックとかコメント欄とかで「R30はホリエモン並みの拝金主義者」だとか、いいように叩かれた件についてちょっとコメント。

 まあ、ブログに書いたことだけが僕のすべてじゃないし、むしろポジショントーク的なものとかプライベートは伏せてたりするとかいろいろあるわけで、自分では自分のことを拝金主義とか全然思ってないけど、そういうふうに読まれるエントリを書いたことは反省すべきなのかな。よくわからんけど。

続きを読む "続・働く人のキャリアの作り方"

| | コメント (14) | トラックバック (9)

2005/03/25

【ヲチ総括】経営は1人ではできない

 昨晩の発表と大混乱の中、いろいろなブログがいろいろな意見を発表されていたようですが、R30は今回、冷静にお勉強させていただいたうえで総括コメントを述べさせていただきます。うわっ、最強の後出しじゃんけん(笑)

続きを読む "【ヲチ総括】経営は1人ではできない"

| | コメント (24) | トラックバック (29)

2005/03/24

ブログと情報強度(その3)ローエンド破壊されるマスコミ

 せっかくだから気分が勢いに乗っているうちに書いてしまおう。情報強度の話、3回目である。

 ところで僕が「情報強度」という言葉を思いついたのは、国際政治の分野で、イラク戦争のような一国の正規軍同士の正面衝突である「戦争」に対して、ゲリラによる散発的な銃撃戦とかを「低強度紛争(Low Intensity Conflict)」と呼ぶことを思い出したからだ。

続きを読む "ブログと情報強度(その3)ローエンド破壊されるマスコミ"

| | コメント (22) | トラックバック (18)

2005/03/23

カジテツもニートって、どうも政府見解らしい。

 ずっと前に冗談交じりでブログに書いたこと現実に。最近、現実が自分を一生懸命追いかけてきているが追いついてない予感(ウソ)。

 finalvent氏の日記のコメント欄でも指摘されているけど、これってなんか今の政策の方向と矛盾してないか?つまり、本当にニート=カジテツの方向でいくなら、「仕事させる」んじゃなくて「結婚して子供作らせる」の方向に向けないと、少子化対策と逆行すんじゃね?ていうか、それでもなんか政府が政策関与するって巨大なお世話っぽいし。

 finalvent氏は、「移民受け容れへの防御策なんでは」と解釈してるが、確かにそういうスジの狙いもありそうかも。まあ、カジテツの皆さんがどうなろうと、正直カジテツの親でもない私には激しくどうでもいいことですが。

| | コメント (7) | トラックバック (10)

ブログと情報強度(その2.5)ネットという“思考の枠組み”

 前回のエントリから少し間が空いたのは、単にこの週明けに大きな仕事の締切があってそっちに没頭していたからで、ブログを止めようとか悩んでいたわけじゃない。

 ただ、昨年11月以来どっぷりネットにはまっていたのを少し変えてみようかなという気分はあって、あえて更新をサボってみた。その間にも書きかけの文章はどんどん増えていっているので収拾がつかないというか、結局書き続けてなければ気が収まらない人間なんだなあということだけはよく分かったが。

続きを読む "ブログと情報強度(その2.5)ネットという“思考の枠組み”"

| | コメント (8) | トラックバック (17)

2005/03/20

オープンが、オールドタイプということなのか!

 団藤先生のブログ時評に、ついにfinalvent氏が激突。「『ブログ時評』というスタンスをもうやめたほうがいいと思う。普通のブログとまったく同じ地べたに立って、発言していくほうがいいと思う。」と、ばっさり。

 ついでに、ブログ時評のコメント欄では1月にmumurブログにガソリンぶっかけられて逆上した鮫山ネギが「ネット右翼なんて右翼じゃない。ただのゴロツキです」と、意味不明な絶賛コメントを寄せている。ブロゴスフィアを敵視するブロガー2人の美しいレゾナンス(笑)。

 さて、ますます香ばしくなってまいりました。

続きを読む "オープンが、オールドタイプということなのか!"

| | コメント (33) | トラックバック (10)

2005/03/18

ガ島さんと転職のこと

 一昨日、東京に来られたガ島通信氏と会って昼飯(カレーライス)食って茶しばいてきた。えーガ島さん、ちょー背高くて(たぶん180cmはある)ちょーイカシたナイスガイだぞ!!いや、マジで。僕が女なら目がはぁと♪になってしまうところだ。あれで独身なんか?!ありえねえ。××(彼の居住地)の女の目はみんな節穴なのか、オイ??

 というのはさておき、彼と1時間半ほどマスコミ、転職絡みのことをいろいろと話し合った。驚くほどお互いに考えていることが似ていたので大笑い。僕的には「ゴールドラッシュの横でジーンズを売る」っていう喩えにはまった。いやあ、楽しかったです。

続きを読む "ガ島さんと転職のこと"

| | コメント (14) | トラックバック (14)

2005/03/17

ビバ!ホワイトデー(鬼嫁日記風)

 一昨日はホワイトデーだった。1ヶ月前の同じ日に比べると、世の中の大騒動(中止宣言発表、切込隊長荒れるetc.)などの度合いは全然静かな記念日である。この日本という資本主義社会がいかに今もって男性中心の価値観で回っているかが、これほど分かるイベントもない。

 ところが、ここに世の中と正反対な集団がある。R30の勤務先の会社である。うちの会社は社員のちょうど半分を女性が占める。しかも(お局様とかそういう意味ではなく)枢要なポジションを占めている人が多い。

続きを読む "ビバ!ホワイトデー(鬼嫁日記風)"

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2005/03/15

ブログと情報強度(その1)ブログという“公共圏”

 コメントやトラックバックは基本的に「レスしたいものだけレスする、荒らしはスルー・放置」を原則としてるのだが、最近ちょっと看過できないコメントがいくつかあったので、それについて書いておく。

 たいていの批判コメントはあまり気にならないというか、「間違いを指摘してくれてありがとー」という程度に受け止める僕なのだが、2月23日にアップしたニッポン放送の新株予約権発行は違法では?というエントリに付けられた以下のコメントには、マジでむかついた。

続きを読む "ブログと情報強度(その1)ブログという“公共圏”"

| | コメント (54) | トラックバック (19)

2005/03/14

また弁護士辞任って…ライブドア、どこかの宗教団体じゃん(´Д`;)

 isologueのコメント欄で速報。ライブドアの新保弁護士が辞任したそうです。裏とれてませんが、とりあえず第1報ということで。

 こんなに弁護士がころころ辞める話って、最近そうそうない気がするんだけど?だって覚えてる限りでもオウム麻原とか東電OL殺人事件とか、国選弁護士の処遇関連がほとんどでしょ。

続きを読む "また弁護士辞任って…ライブドア、どこかの宗教団体じゃん(´Д`;)"

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2005/03/12

“集団自殺”するテレビ局、ソースを出す日経

 今回の騒動を海外メディアは「M&Aでは当たり前すぎる話」と、ほとんどニュースバリューを認めていないらしい。まあ、確かに大騒ぎするほどのファクトは何も出ていないわけで、なのに毎日の紙面最低1ページ程度をこのネタで埋め続けなければならない新聞各社の担当記者さんたちのムダな苦労のほどは想像に難くない。

 だが、そういう下らなさすぎる既存メディアのコンテンツ面での低能乱痴気騒ぎとは別に、2005という暦年と「ライブドア」という言葉は、恐らく日本のメディア史上永遠に刻まれるだろうという確信がある。
(23:00追記 コメント欄での指摘を受けて、本文を大幅に書き直しました)

続きを読む "“集団自殺”するテレビ局、ソースを出す日経"

| | コメント (14) | トラックバック (12)

2005/03/11

三角合併、一時凍結…そして霞ヶ関の深謀

 とりあえず、速報。自民党が今頃になって法改正の意味に気がつき、恐れをなしたらしい。

 外国株式対価の合併、1年凍結・会社法案で自民部会(NIKKEI.NET)

 ライブドアのせいでやっと気がついたとは言え、遅すぎんだよおまいらは。(19:20追記)しかし、これってよく考えたら霞ヶ関の壮大な「釣り」のような気がしてきた。R30は、ここで経産省の陰謀説をぶち挙げてみる。

続きを読む "三角合併、一時凍結…そして霞ヶ関の深謀"

| | コメント (7) | トラックバック (4)

2005/03/10

だれか事業化してくれません?画期的なタクシーのサービス

 タクシーに乗るたびに「不景気なのに車両数ばっかり増えて全然儲からない」的な愚痴を運転手から聞かされるのにうんざりしていたんだが、最近わざわざ電話で呼び出してでも使いたくなるタクシーの画期的なアイデアを思いついた。誰かベンチャースピリットに富んだ人は、MKタクシーが参入する前にやってみてください。

続きを読む "だれか事業化してくれません?画期的なタクシーのサービス"

| | コメント (11) | トラックバック (4)

幕張地域が宇宙人に制圧されました

 昨年末から店舗売却の打診をしていたらしいが、とうとう撤退ケテーイ。しかも売却先はあの宇宙人社長の会社。

 仏カルフール、イオンへの日本事業売却額は100億円弱(NIKKEI.NET)

 海浜幕張ってイオンの本社があるのに、最寄り店が2駅離れた稲毛海岸にしかないもんだから何でだろうと不思議に思っていたんだが、目の前の巨大店がいずれ潰れるだろうと思って待っていたというのが真相なのかもな。ダイエーは論外だろうし、ヨーカ堂もすぐ近くに店があって買いに来るわけないだろうという読みで。

続きを読む "幕張地域が宇宙人に制圧されました"

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005/03/09

世紀の大発明、ステルスコメントスクラム

 前のエントリで「うんこつんつん」モードで突っついてみた団藤大明神のブログ自評ブログが、エキサイトブログの独自機能を使った新発明を、我らネット右翼の集うニッポンのブロゴスフィアにもたらしてくれた。

 その名も「ステルスコメントスクラム」。すべてのコメントが「公平に」非公開という素晴らしい光景である。非公開コメントの洪水の中にぽっかり潜水艦の潜望鏡のごとくに浮上している、団藤氏ご本人の次のようなコメントがすべてのネットワーカーの心を激しく揺さぶる。

続きを読む "世紀の大発明、ステルスコメントスクラム"

| | コメント (16) | トラックバック (10)

2005/03/08

祭りの場を面白くするネット左巻きの剽軽 [ブログ時評13]

 ブログの世界を中心に時事問題への議論を収集して4ヶ月余り、ブログに左巻き的言論人の参入が相次いでいるのに、2チャンネラに囲まれての炎上ばかりで由緒ある左翼発言がほとんど無いことに驚いている。NHK・朝日問題に関連して、在米研究者の卵による「むなぐるま」は「日本ではリベラルブロガーのハブはないのだろうか」と問いかけて話題になった。私の立場からは炎上しない朝日系の記者サイトこそ教えて欲しい。「ブログ時評」の「公論の場を貧しくするネット右翼の病理」が「ネット右翼では『右』を代表することは出来ないと早く気付くべきだ」と指摘する頓珍漢に近い。

続きを読む "祭りの場を面白くするネット左巻きの剽軽 [ブログ時評13]"

| | コメント (20) | トラックバック (14)

2005/03/07

ブログがソニーの社長候補のクビをとばした件について

 ゾンビ出井、イエスマン安藤とともに、ミスター「それが俺様仕様だ」の久夛良木君もクビが吹っ飛んでしまったようですね

 まあ、英語にまで翻訳されて海外でも晒されまくった日経ビジネスのインタビュー記事の影響も大きかったと思うが、やはり世論を動かして久夛良木君の社長候補としての最終選考となったPSPを無様なリコールに追い込んだ切込隊長の功績(こちらこちら)も大きかったのではないかと思うわけだ。ブログ万歳。

続きを読む "ブログがソニーの社長候補のクビをとばした件について"

| | コメント (1) | トラックバック (31)

【ヲチ撤収】CXグループの怨霊を呼び覚ましてしまったホリエモン

 今ごろ新聞各社の記者さんたちは、今日の夜に明らかになる、フジテレビのニッポン放送株TOBの結果と、おそらくその後に判断が下されるはずの、ライブドアによるニッポン放送の新株予約権大量発行の差し止め仮処分申請の結果を予想しながら、関係者への必死の取材と予定稿作りに明け暮れていることだろう。

 当初はライブドアの謀略勝ちと見られていたこの勝負も、フジ日枝会長の根拠なき強気とニッポン放送の常軌を逸した新株発行計画、そして事の決着を裁判所に持ち込むという反撃によって市場関係者からは「フジ逆転勝ちかも?」の読みが飛び出し、一気に不透明感が漂っていた。ところがさらにここに来てフジサイドにもハプニングが起こり、ことの成り行きはさらに混沌としつつある。

続きを読む "【ヲチ撤収】CXグループの怨霊を呼び覚ましてしまったホリエモン"

| | コメント (2) | トラックバック (13)

2005/03/05

ものごとを考えるまとまった時間がない

 3月末だからとかそういう理由ではなく、リアル仕事と生活がとても充実している、というか猛烈に忙しい&新しいアイデアがぽんぽん沸いてくる、という状況になると、ブログで書くネタを考えるのがどんどん面倒になってくる。

 思えば昨年12月は思いっきりニートだったのですごい勢いで長文の論考をびしばしここに書いていた。今も考えたいと思っているテーマはたくさんあるし、過去のブログにつけられたトラックバックやコメントに答えたいと思うこともたくさんある。だけど頭をそっちに使うまとまった時間がない。

続きを読む "ものごとを考えるまとまった時間がない"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/04

【速報】ガ島通信がガ島脱出

 とうとう脱出するらしい。っていうか行き先決めずにブログでリリースするって…。あり得ない。これも「ブログで辞めた」の殿堂入りするのだろうか。

続きを読む "【速報】ガ島通信がガ島脱出"

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2005/03/03

もし堤義明氏がホリエモンに家督を譲っていたら

 今朝のニュース番組はどこのチャンネルもみんな西武王国特集だった。検察が引導を渡してくれたのでやっと大手を振ってこれまでの恩人をこき下ろせます、といった風情。醜悪なことこの上ない。

 「ピストル堤」こと堤康次郎氏に始まる華麗なる土地買収の100年史はさておき、ちょっと考えてみたいのは禁断の歴史の「イフ」である。つまり、もし堤義明氏率いる西武王国が未だ健全なりとすれば、どのような姿になっていたか、ということだ。

続きを読む "もし堤義明氏がホリエモンに家督を譲っていたら"

| | コメント (4) | トラックバック (12)

過去のことは忘れなければならない、あるいはknowledgeの生まれる場所

 何のことだかワカランという人は勝手にスルーしてください。今日のエントリは独り言です。

 よく「前にも似たような議論をした覚えが…また同じ話をぐるぐると性懲りもなく」とか言う人がいる。あ、鈴木謙介氏@SOUL for SALEだっけな。まあいいや。で、僕が思うのは「同じ話をぐるぐるとする。それが何でいけないのだろう?」ということだ。だって4000年昔のエジプトだかどっかの象形文字を解読したら「最近の若い者は…」って書いてあったって言うじゃん。人間なんて、そんなもんでっせ。

続きを読む "過去のことは忘れなければならない、あるいはknowledgeの生まれる場所"

| | コメント (19) | トラックバック (16)

2005/03/02

ソフマップとダイエーを交換した丸紅

 ダイエー支援、丸紅連合に内定・産業再生機構(NIKKEI.NET)だそうで。とうとう動き始めましたな。アドバンテッジ・パートナーズと丸紅が、どんな経営者を引っ張ってくるか見物。ローソン新浪とかカネボウ余語みたいに、40代の清新な若手経営者がぜひ就任してほしいと思う。アドバンテッジPにとっても、ここは日本初のMBOファンドとしてこれまで蓄積してきたノウハウの集大成となるディールになるんだろうな。

 というか、ダイエー社内は産業再生機構入りして以来既にかなりいい雰囲気になっているという噂も聞こえてきてる。しがらみがなくなるということがどれほど大きく組織を変えるかということの、良い見本。はい、そこの倒産寸前の腐れ自動車会社と関係者各位は、ダイエーの爪の垢でも煎じて飲んどくように。

続きを読む "ソフマップとダイエーを交換した丸紅"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

何を今さら…留学退職対策も「お役所仕事」なのね

 むなぐるま氏のところやid:pogemuta氏@ダメオタ官僚日記などであれこれ語られているようなので今さらではあるが、読売新聞のこの記事。

若手官僚、留学後の退職多発…費用返還ルール作り悩み(Yomiuri Online)

 何を今さら問題のように書き立ててるんだか、読売は。ネタ古すぎ。産経なんかまったく同じ話を去年の8月に記事にしてますがな。人事院記者クラブの弊害ですかね。

続きを読む "何を今さら…留学退職対策も「お役所仕事」なのね"

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2005/03/01

個人をネタにするブログのリスク

 ARTIFACT@はてな系で紹介されていた女子大生ブログ関連の話。昨年から今年にかけて学生ネット界最大の話題の1つだったさきっちょ&はあちゅうの片方は内定を辞退、そしてもう片方もネットベンチャー経営者と組んでイベントプロデューサーに。そして、そのイベントの方は250人も応募者があるらしいっすよ。

 つまりあれですか、自分を晒すネタブログ作って平々凡々な日々から脱出せよ!っていうのが最近の女子学生の流行りってことですか。脳内平凡日常から脱出できても、はあちゅうみたいなイベントプロデューサーになれるかはビミョー。いかにも2匹目のドジョウがいなさそうな企画だなあ。詳しくはid:SNMR氏@ダメ東大女子のまとめエントリを読まれたし。

続きを読む "個人をネタにするブログのリスク"

| | コメント (0) | トラックバック (22)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »